カンヌでグランプリのLGBT映画、東京エイズウィークで先行上映

October 27th, 2017

カンヌでグランプリを獲得したLGBT映画『BPM (Beats Per Minute)』(原題)が、エイズ啓発を目的とした「TOKYO AIDS WEEKS 2017」期間中にジャパンプレミア上映されることが分かった。

2017年11月23日(木)、東京・中野の「なかのzero小ホール」にて上映される。

 

 

© Céline Nieszawer

 

『BPM (Beats Per Minute)』(原題)は、第70回カンヌ国際映画祭にてグランプリを獲得し、第90回アカデミー賞外国語映画部門のフランス代表にも選出され、本年度のオスカーへのノミネートにも期待がかかっている作品。

 

同作は、エイズが蔓延した時代に、エイズ発症者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などに挑んだ団体「Act up Paris」を描く実話を基にした映画。彼らの活動を通して恋と人生の輝きを描き出した感動作となっており、あの巨匠ペドロ・アルモドバルも絶賛したほど。

 

そんな話題作が、毎年恒例のエイズ啓発週間「TOKYO AIDS WEEK 2017」にて一足先にプレミア上映される。(上映は抽選で80組160名限定)

 

「TOKYO AIDS WEEK 2017」とは、日本エイズ学会学術集会・総会と、12月1日の世界エイズデーに連動したHIV/エイズの啓発・差別・ 偏見の解消を目的としたイベント。

会期中には、映画上映のほか、トークショーやシンポジウム、講演、合唱コンサートなどの様々なイベントが予定されている。

 

 

ジャパンプレミア上映『BPM (Beats Per Minute) 』
日時:2017年11月23日(木)
18:10 開場/18:30 開映
会場:なかのzero小ホール|東京都中野区中野2-9-7
※上映後にトークイベントあり。
 
応募方法:映画レビューサイトcoco からご応募ください。
応募締切:2017年11月13日(月)受付分まで

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

故ジョージ・マイケルのドキュメンタリー映画、日本初公開+無料上映!

ENTERTAINMENT

公開中止となったトランスジェンダー映画『アバウト・レイ 16歳の決断』

LGBT

九州、HIV/エイズ感染者が急増中。福岡では前年比61%増

ENTERTAINMENT

カンヌ映画祭グランプリ!LGBT映画『BPM (Beats Per M

LOVE

HIV/エイズ、新しい感染者は1440人。感染者数は10年横ばい

LGBT

アレックス・ニューウェル、自身の楽曲を「エイズ啓発」版ビデオにリメイク