SIXクリーム(PC)

台湾、アジア初の同性婚に王手。同性婚法案を提出へ

October 28th, 2016

%e5%8f%b0%e6%b9%be%e3%81%8c%e5%90%8c%e6%80%a7%e5%a9%9a%e3%81%ab%e5%a4%a7%e6%89%8b

 

 

台湾がアジアで最初の同性婚可能国になるかもしれない。

 

今週、台湾の与党・民進党が、国会にあたる立法院に同性婚法案を提出した。

 

その内容は、これまでの結婚の定義だった「男女」を「2人」に変更するというもの。同法案を立案した民進党のYu Mei-nu氏は以下のように語った。

 

「多くの地方自治体が同性カップル登録を受け入れてきましたが、これは完全な法的効力を与えるものではありません」

「同性愛者も異性愛者と等しく、結婚の権利、差別禁止や養子縁組などの平等な扱いを受けるべきです」

 

民進党といえば、今年1月に民進党の蔡英文氏(ツァイ・インウェン)が、台湾初となる女性総統となり話題を呼んでいた。

蔡英文氏は以前より同性婚を支援するキャンペーンへの出演や、台湾プライドへ応援メッセージを寄せるなど、同性婚推進派として知られている。

 

関連記事 >> 台湾史上初の女性総統が誕生。台湾の同性婚実現に前進

 

ちなみに台湾では、2012年にも立法院に同性婚法案が提出されたが、委員会レベルで挫折している。

今回の法案の提出により、アジア初の同性婚国へ王手をかけた台湾。

 

今週末10月29日(土)に開催される、アジア最大のLGBTパレード「台湾プライド」でも更に同性婚の熱気が高まりそうだ。

 

OTHER

eiji/サムネイル

LGBT

【コラム】台湾はなぜアジア最大のパレードを開催できるのか

トランスジェンダー女性が大臣に

LGBT

台湾初、トランスジェンダー女性がデジタル大臣に就任

同性婚について、子供達に聞いてみた

LGBT

「同性婚についてどう思う?」子供たちに聞いた動画が素晴らしい

蔡英文氏

LGBT

台湾史上初の女性総統が誕生。台湾の同性婚実現に前進

Enno Cheng

LGBT

台湾の歌手、離婚&レズビアンをカミングアウト

台湾の2

LGBT

台湾、台北市と高雄市が同性パートナーシップ制度で連携