「ウリ専」にフォーカスしたドキュメンタリー、日本初上映へ

November 1st, 2017

日本の男娼文化ともいうべき「ウリ専」にフォーカスしたドキュメンタリー映画『売買ボーイズ(原題:Boys for Sale)』が、11月26日(日)に東京・中野にて日本初上映されることがわかった。

 

 

写真 : エイドリアン“宇宙人”ストーリー

 

『売買ボーイズ』は、日本人監督の板子氏によるドキュメンタリー作品で、新宿二丁目で「ウリ専」として働くゲイ/ストレートの男たちに密着し、その実態を浮き彫りにする。

 

彼らがいかにして雇われたのか、その生活の実態からHIV問題に至るまで、アンダーグラウンドで描かれることのなかった「ウリ専の世界」がはじめて明かされる注目作だ。

 

関連記事 >> 「売り専」にフォーカスしたドキュメンタリー映画『売買ボーイズ』、海外で話題に

 

本上映は、11月24日~26日の期間で開催されるHIV啓発をかかげた「TOKYO AIDS WEEKS 2017」のプログラムの一つとして、一回のみの上映となる。

 

また上映会は、同作のプロデューサーであるイアン・トーマス・アッシュ氏、出演者コウ氏、aktaの岩橋氏によるトークセッション付きだ。是非この機会をお見逃しなく。

 

 

『売買ボーイズ』
11月26日(日)15:30~17:30
会場:中野区産業振興センター 多目的ホール
入場無料
トーク出演:イアン・トーマス・アッシュ(プロデューサー)、コウ(出演者)、岩橋恒太(akta)
公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

故ジョージ・マイケルのドキュメンタリー映画、日本初公開+無料上映!

ENTERTAINMENT

カンヌでグランプリのLGBT映画、東京エイズウィークで先行上映

ENTERTAINMENT

ミッツも共感!トム・フォード最新作『ノクターナル・アニマルズ』を語る

ENTERTAINMENT

公開中止となったトランスジェンダー映画『アバウト・レイ 16歳の決断』

ENTERTAINMENT

台湾発のボーイズラブドラマ、3作品が劇場版として日本公開

LOVE

「売り専」にフォーカスしたドキュメンタリー映画『売買ボーイズ』、海外で