「Wホテル」が日本初上陸。大阪に2021年開業

January 11th, 2018

ニューヨーク発のデザイナーズホテル「Wホテル(ダブリューホテル)」が、2021年に日本初上陸することがわかった。初店舗は、大阪の御堂筋沿いに開業予定。

 

 

「Wホテル」は1998年にニューヨークで誕生。大手ホテルチェーンの米マリオット・インターナショナル系列のデザイナーズホテル。

個性的な内装が特徴で、米国や欧州、アジアで約50軒を運営。特に「W台北」「W香港」は、アジアのゲイたちに絶大な人気を得ている。

 

新しく誕生する「W OSAKA」は、大阪・南船場4丁目の27階建ての新築ビルに入り、「Wホテル」の特徴であるスタイリッシュな内装の337室の客室、レストラン、バー、プール、フィットネスジム、スパなどを完備。また、客室のうち50室がスイートルームになるとのこと。

 

 

 

 

現在、大阪は中国からの訪日客が急増している。

中でも心斎橋やなんばなどのミナミは買い物客が多く訪れており、今回の「W OSAKA」誕生でさらなる活気が生まれそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

「泊まれる本屋」、新宿にオープン

LIFESTYLE

編集部が厳選。世界の「ゲイ・フレンドリーホテル」5選!

LIFESTYLE

LGBT業界の著名人が語る『私のベスト・ホテル』

LIFESTYLE

世界のプライドを旅しよう!世界のLGBTプライドを一挙紹介

LIFESTYLE

同性カップルにも人気。全6室のみのアートホテル『ホテル・キーフォレスト

LIFESTYLE

ユーザーが選ぶ「LGBTフレンドリーホテル」7選