ポルノ動画を観るべきではない10の理由

December 31st, 2015

ポルノを観るべきではない理由

 

 

あなたは日々ポルノサイトを観ているだろうか?

近年ネットの普及により、無料で手軽にポルノを観られるようになった。しかし、それに伴い人々のセックスライフに悪影響を及ぼすのでは?と懸念されている。

 

ケンブリッジ大学が、ポルノ依存症の人の脳の動きを調べたところ、彼らは薬物依存症の人の脳と全く同じ動きをしていることが分かった。

また、Reddit communityでは、ポルノやオナニーで起こるセックスライフの悪影響を調査し発表している。

 

もちろん、研究結果の全てに確証があるわけではないが、内容に目を通して損はないはず。今夜、あなたがポルノではなくNetflixを観た方が良い理由を紹介していこう。

 

 

 

1 ポルノ中毒になると、同じ人では満足しヅラくなる。

そういう人たちは、興奮し続けるために、違う相手を見つけなければならなくなってしまう。この症状はクーリッジ効果として知られている。ポルノはつまるところ、観る人に常に新しいものを探すように促してしまう。

 

2 頻繁にポルノを観る人の5人に1人が、自分の感情が性的な欲求にコントロールされていることを認めている。

 

調査に協力した実に12%が週に5時間以上インターネットポルノに時間を費やしている。また、協力者の59%は、週に4時間から15時間もインターネットポルノを観ている。

 

調査に協力したおよそ50%はセックス経験がない。つまり、彼らの「親密な関係」はネット上だけで済まされている。

 

男子大学生の42%が頻繁にポルノサイトに足を運んでいる。

 

調査協力者の53%は、12才から14才の間にポルノを観る癖がついた。しかも、全体の16%は12才までには同様の癖がついてしまっている。

 

全体の63%が、ポルノを観るうちにポルノの好みがより激しいものや逸脱したものになっていった。

 

8 27才から31才の協力者のうち、19%が早漏に悩み、25%がパートナーとのセックスに興味を失い、31%がオーガズムに達することに困難を覚え、34%が勃起不全を経験している。

 

9 オナニーとポルノを観るのを控えたところ、調査協力者の実に60%が「性機能が改善した」と答えている。

 

10 さらに67%が、物事に精力的になると同時に生産性が上がったと答えた。

 

 

 

確証ないとはいえ、ポルノ動画がセックスライフに悪影響を及ぼすことは想像に難くない。

少しは疲れ切った手を休めてあげて、その手で好きな人に電話をかけてデートに誘った方が良いかもしれない。

 

via : GQ

OTHER

ENTERTAINMENT

スター・ウォーズのゲイポルノ版パロディーが登場!

LOVE

「自分の友達と寝たら友情は壊れない?」ゲイ500人の調査結果

LGBT

英・若年層の約半数は "バイセクシャル" 驚きの調査結果が明らかに

LOVE

毎日の射精で前立腺ガンを減少できる!?最新の研究が明らかに

LOVE

性欲をエネルギー変換できる。エコなアダルトデバイス

LOVE

イケメンは金持ちと同じぐらい"ワガママ"という調査結果