インドのゲイ王子、宮殿内にLGBTQ支援のセンター設立へ

January 11th, 2018

いまだに同性愛が違法であるインドにおいて、有名なゲイ王子、マンヴェンドラ・シン王子が、自身の宮殿内にLGBTQ支援のセンターを設立すると発表した。

 

 

 

 

マンヴェンドラ・シン王子は、インドで最も古い王族のうちの1人。

2006年にゲイであることをカミングアウトし、インドのLGBTQ権利運動を率いるリーダー的存在だ。

 

関連記事 >> インドのゲイ王子が力強いメッセージ。「特別扱いではなく、みんな愛を求めている」

 

そんな王子は、グジャラート州ラジピプラにある自身の宮殿内に、セクシャリティを理由に迫害されたLGBTQを受け入れるセンターの設立を発表した。

 

ロイターによれば、宮殿内の約6万平米の敷地を宿泊施設に改装すると同時に、医療施設、英語など外国語を学べる職業訓練施設を設け、センターに駆け込むLGBTQの就業支援を行うとのこと。

 

王子は、「彼ら(LGBTQ)の居場所はどこにもなく、自分自身をサポートする術もない」とセンターの必要性を語り、「わたしは子供を持つつもりはないし、インドのLGBTQのためにこのスペースをうまく活用したい」と話している。

 

2017年8月、インドの最高裁はLGBTQの人々が自らの性的指向を表現することを公式に認めた。ただし、同性間の性交渉は依然として違法のまま。

 

王子はこれまで、ゲイとHIV支援の団体を立ち上げたり、米有名TV番組「オプラウィンフリーショー」への出演や、各国のニュースメディアに積極的に露出し、インドの現状を訴え続けている。

 

今回のセンター設立で、インドのLGBTQを取り巻く環境が改善することを願うばかりだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

インドのゲイ事情、4%が経験人数250人以上(調査結果)

LGBT

インド、中国など、アジア10ヶ国がHIV感染者の95%を占めている

LGBT

エリザベス女王のいとこ、マウントバッテン卿がゲイをカミングアウト

LGBT

英王室史上初!英ウィリアム王子がゲイ雑誌の表紙を飾る

LGBT

インドのゲイ王子が力強いメッセージ。「特別扱いではなく、みんな愛を求め

LGBT

ウイリアム王子「王室メンバーがゲイでも気にしない」