「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース

November 13th, 2017

2015年11月5日は、東京・渋谷区で日本初の「同性パートナーシップ制度」がスタートした日だ。

 

今年で2周年を迎える同制度をお祝いしようと、LGBTエンタメ団体やる気あり美が、新曲「ピー・エス・エス」をリリースした。

 

 

Photo : やる気あり美「ピー・エス・エス」より

 

「ピー・エス・エス(PSS)」とは、同性パートナーシップ制度の略。

楽曲リリースに合わせて公開されたミュージックビデオでは、やる気あり美のメンバーをはじめ、LGBTから子供まで参加。渋谷駅ハチ公前や丸井MODI前、代々木公園など、渋谷区のあらゆる場所でダンスダンスダンス!!

 

以下、ミュージックビデオは必見!

 

 

 

 

底抜けに明るいハッピーチューンで、今までにない斬新すぎるLGBTテーマの楽曲。

 

一見、ハッピーなお祝いソングかと思いきや、やる気あり美によると「もっとみんなに制度を使ってみてほしい」という願いが込められているそうだ。

 

制作背景について、メンバーはこう話す。

「同性パートナーシップ制度が『制度的前進』としてばかり語られてしまい、申請のキッカケとなるはずの『社会的承認がもたらす幸福感』が忘れられているのではないか?という思いがあります。『ただの制度』ではなく、『世の中のハッピーなこと』として、同性パートナーシップ制度を使ってみたいとより多くの人に思ってもらうためこの曲を制作しました」

 

そう話すように、渋谷区で制度導入から2年経ったが、まだ24組しか制度を利用していないそうだ。

 

しかしながら、この渋谷区の制度をキッカケに、今では全国の自治体に広がり、大企業を中心に同性パートナーへの福利厚生や顧客向けサービスが拡大しつつある。

 

日本で同性婚こそできないが、パートナーとの幸せを共有するツールとして「同性パートナーシップ制度」は、素敵な選択かもしれない。

 

やる気あり美|公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

コカ・コーラ、豪同性婚をサポートする「デザイン缶」を発売

LGBT

イアン・ソープ、彼氏とオーストラリアの同性婚キャンペーンに出演

LGBT

台湾、同性婚を認める!アジア初!

LGBT

カナダで同性婚をした日本人ゲイカップルに聞く──「同性婚をして良かった

LGBT

同性婚は健康に良い影響を与える(研究結果)

LGBT

【速報】全国初・渋谷区で同性パートナーに証明書発行へ