オーストラリア、同性婚の国民投票「賛成多数」。年内には合法化へ

November 15th, 2017

オーストラリアで実施された同性婚の賛否を問う国民投票で「賛成多数」という開票結果が11月15日に発表された。

 

 

Photo via : news.com.au

 

オーストラリアでは、同性婚について問う国民投票が9月〜11月に行われており、国民には郵送で投票用紙が配布されていた。

 

11月15日に発表された結果によると、全人口の79.5%にあたる1270万人が投票に参加。結果、賛成は61%、反対は38%となった。

また、全ての州で賛成票が反対票を上回り、圧倒的な賛成多数となった。

 

この結果を受けて、豪マルコム・ターンブル首相は「クリスマスまでに同性婚の合法化を実現できるように努める」と話している。

 

関連記事 >> イアン・ソープ、彼氏とオーストラリアの同性婚キャンペーンに出演

 

今回の国民投票は、同性婚の合法化に向けた国民の是非を問うものであり、結果自体には法的拘束力はなく、これから議会で改正案が提出され、審議される予定。

 

しかしながら、国民投票の結果を受けて「同性婚が却下される」とは考えにくく、年内には合法化に向けて進むとみられている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

マックルモア、オーストラリアの同性婚を願い「SAME LOVE」を歌う

LGBT

コカ・コーラ、豪同性婚をサポートする「デザイン缶」を発売

LGBT

イアン・ソープ、彼氏とオーストラリアの同性婚キャンペーンに出演

LGBT

ドイツにて「同性婚」が合法化!

LGBT

「その手を離さないで」同性カップルをテーマにした、オーストラリア銀行の

FASHION

靴ブランド「Volley」、オーストラリアの同性婚を求めたゲイCMを公