SIXクリーム(PC)

自分でHIV検査ができる、画期的な「USBスティック」が登場

November 18th, 2016

HIV検査といえば、保健所や病院で検査を受けるか、検査キットを使う方法があったが、この度画期的な「USBスティック」を用いたHIV検査キットが登場し話題になっている。

 

 

usb

 

 

英「インペリアル・カレッジ・ロンドン」と英企業の共同研究により開発した、世界初となる「HIV検査用USBスティック」は、指定のスポットに血液を垂らすと、酸性度の変化によって血中のHIVウィルスを測定。スティックに内蔵されたチップが、この情報を電子シグナルに変換、アプリやパソコンにて検査結果を表示させてくれる。

 

従来の保健所でのHIV検査は、採取した血液を研究所に送る必要があるので、結果まで最短3日ほどかかっていたが、この「HIV検査用USBスティック」を使うと、平均30分ほどで検査結果が表示。

同検査による正確性は、実験の結果から95%の精度を誇るという。

 

なおUSBスティック型キットは使い捨てタイプ。

 

 

usb2

 

 

まだ発表されたばかりだが、HIV検査へのハードルをぐんと下げる素晴らしい製品だ。

 

Text via :techcrunch.com

 

OTHER

hiv%e5%95%93%e7%99%ba%e5%8b%95%e7%94%bb

LOVE

「HIVへのスティグマ」を取り除くキャンペーン動画

アレックス・ニューウェル

LGBT

アレックス・ニューウェル、自身の楽曲を「エイズ啓発」版ビデオにリメイク

PreP

LOVE

カナダ、HIV予防薬「ツルバダ」を認めた世界で3番目の国に

アンチエイジング薬

LIFESTYLE

120歳まで生きられるかも?世界初・アンチエイジング薬の臨床実験が来年

1

LGBT

米・コロンビア大学、スマホでHIV検査できるキットを開発

2

LGBT

HIV感染者の血液で印刷したメンズ誌が話題に