ゲイカップルの日常を生々しく描く映画『INDIA BLUES』一夜限りの上映会を開催

November 22nd, 2016

ゲイカップルの日常を生々しく描いたゲイ映画『INDIA BLUES』が、11月28日(月)に東京・渋谷のアップリンクにて一夜限りの上映会を開催する。

 

 

img_1553

 

 

映画『INDIA BLUES』は、ベルリン在住のギリシャ人映画監督ジョージ・マルカキスの作品で、8つのエピソードで構成され、あるゲイカップルの日常が8つの感情で切り取られる。

 

劇中はほとんど固定カメラによって撮影され、少ない登場人物の設定を通して「2人しか知らない時間」を描いており、極端なドラマ性や、ゲイというアイデンティティにフォーカスした従来のLGBT映画とは一線を画している。

 

 

img_1552

 

 

これらの作風は、アンドリュー・ヘイ監督の「ウィークエンド」、アイラ・サックス監督の「人生は小説よりも奇なり」と近しく、ゲイであることを”普通”に表現し、丁寧に、そして生々しく描いている。

 

本作はほとんどセリフが無いため日本語字幕は無いとのことだ。以下予告編。

 

 

 

 

一夜限りの上映会ではあるが、本編終了後に来日中のマルカキス監督を迎えてのQ&Aも行われるそう。一夜限りの貴重な上映会をお見逃しなく。

 

 

『INDIA BLUES』
19:00開場/19:30上映開始(上映後に監督Q&Aあり)
料金:一律2,000円(1ドリンク付き)※R18+
詳しくはアップリンクの公式サイトにて。

 

OTHER

ENTERTAINMENT

全編iPhoneで撮影したLGBT映画『タンジェリン』、予告編とポスタ

ENTERTAINMENT

アメリカ人×日本人のゲイカップルを描く「The Actor and T

ENTERTAINMENT

若き天才監督グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』17年2月に

ENTERTAINMENT

ゲイ映画史上最大の問題作『ストーンウォール』が日本公開

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画「ウィークエンド」が特別上映。橋口監督×鈴木敏夫氏のトーク

ENTERTAINMENT

ゲイの映画監督&俳優が選ぶ「ゲイ映画ベスト50」