世界一大きいペニスを持つ男性、身体障害と認定

January 13th, 2018

世界一大きいペニスを持つ男性、ロベルト・カブレラ氏(52)が、「大きすぎるペニスのせいで仕事がままならない」として、政府に身体障害者に認定されたことがわかった。

 

 

ロベルト・カブレラ氏

 

彼のペニスは、なんと通常時48cm!

メキシコ在住のカブレラ氏は、現在世界で最も長いペニスといわれている。

彼はデイリー・スター紙にこう話した。

「私は速く走ることができず、企業側も私の扱いに困っています。他の人のように仕事のユニフォームを着ることさえもままならないです」「面接に行っても、企業は『連絡する』というが、返答が返ってきたことはない」
と、自身のペニスのせいで就業が厳しいことを話した。

 

また彼のかかりつけ医も、大き過ぎるペニスが彼の健康状態を圧迫していると話す。

 

X線で撮影したカブレラ氏のペニス

 

カブレラ氏は、自身の大き過ぎるペニスにより、就業困難や健康上の問題に悩まされていると主張。障害者認定を申請していた。

メキシコ政府は、最初は彼の訴えを却下したが、現在は身体障害として認定したそう。

 

ちなみに、これまで世界一大きいペニスは、アメリカ人男性のヨハン・ファルコン氏の34cmであり、カブレラ氏はそれを大きく上回る巨大ペニスの持ち主だ。

 

彼のペニスを映した動画は以下より。(ペニスの表面にはカバーをしている)

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

【世界のウケ事情】みんなどうやってお尻をキレイにしてるの?

LOVE

ペニス増大手術で男性死亡。スウェーデンにて

LOVE

ペニスの平均サイズが1年間で大きくなっていた。なぜ?(調査結果)

LOVE

ゲイたちは「ペニスのサイズ」についてどう思ってる?(調査結果)

LOVE

「マイクロペニス」の男性が語るセックスライフ

LOVE

【動画】ペニスを拡大させ続けるゲイ男性とは?