ケヴィン・スペイシー、新たに複数男性からセクハラを告発。警察が捜査へ

November 8th, 2017

ハリウッド俳優ケヴィン・スペイシーが、当時14歳の俳優アンソニー・ラップに性的暴行を加えた事件、新たに複数の男性が告発したことが分かった。

LGBTQ Nationら海外の複数メディアが報じている。

 

 

Kevin Spacey in House of Cards. (Photo: Netflix)

 

先日、BuzzFeedのインタビューにて、『RENT』で知られる俳優アンソニー・ラップが、当時14歳に性的暴行をされたと激白した。

それを受け、ケヴィン・スペイシーはツイッターにて謝罪文と共にゲイであることをカミングアウトした。

 

関連記事 >> 「カミングアウトと犯罪は別物」、ケヴィン・スペイシー、各方面から非難殺到

 

新たに余罪が発覚

多方面から非難を浴びているスペイシーだが、他にも複数の男性が性的暴力を暴露している。

 

告発した一人、映画監督のトニー・モンタナは、スペイシーに股間を触られたと話し、俳優ロベルト・カバソスは何度か暴行まがいの不快な性的接触をされたと話した。

スペイシーが主演を務めるNetflixドラマ『ハウス・オブ・カード』の男性クルー8人も、「パンツに手を入れられる」「体を不快に触られる」等のセクハラを受けていたことも分かった。

 

また、ある匿名男性(当時23歳)は、大麻を吸わされて意識を失い、気がつくとオーラルセックスされていたという、衝撃の証言まで出てきたのだ。

 

この一連の告発をうけ、英ロンドン警察は11月1日より捜査を開始したと発表。

スペイシーの余罪、その行方に全世界が注目している。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

「カミングアウトと犯罪は別物」、ケヴィン・スペイシー、各方面から非難殺

LGBT

大物俳優のケヴィン・スペイシー、ゲイをカミングアウト

LOVE

"薬物セックス" 経験のある4人に1人のゲイが「薬物で死んだ人を知って

LGBT

LGBTフレンドリーな大学は「性的暴行被害」が少ない(調査結果)

LGBT

オランダ、政治家が男同士で手を繋いだ写真をSNSに投稿。ホモフォビアへ

LGBT

元ゲイビデオに出演した男性をネット番組が捜索へ。ネットで大炎上