名作ゲイ映画「プリシラ」、宮本亜門演出でミュージカルに!

December 15th, 2015

プリシラ

 

 

3人のドラァグクィーンたちを描く名作ゲイ映画『プリシラ』が、宮本亜門演出のミュージカルとして日本初上陸が決定した。

 

1994年に公開された『プリシラ』は、3人のドラァグクィーンたちを描くロードムービー。低予算映画にもかかわらず、その奇抜でオリジナリティ溢れる衣裳でアカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞、世界中で一大ブームを巻き起こした。

 

その後、2006年よりミュージカル版『プリシラ』がオーストラリアでスタート。これまでロンドン、NYを含む15か国以上で上演されており、今回待望の日本初上陸を果たす。

 

舞台演出を手掛けるのは、世界を舞台に活躍する宮本亜門。主演は、ミュージカル界のプリンスとして人気を博す山崎育三郎が務める。

 

 

プリシラ/キャスト

宮本亜門(左)/山崎育三郎(右)

 

 

宮本亜門は同作について、「リオのカーニバルとオリンピック開会式をシェイクしてカクテルにしたような、ゴージャスでド派手なショーです!三者三様の背負った過去にホロりとして、元気になれる人間讃歌。ドラァグクィーンたちが目指す先は、誰もが幸せになれる華麗なるステージ!」

「2016年の冬は、名曲の数々にノって、キッチュなコスチュームで身を包む「砂漠の花」たちとエンジョイしてください!」とコメントを寄せている。

 

来年12月上映とまだまだ先ではあるが、上演が待ち遠しいところだ!

ミュージカル『プリシラ』公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ゲイの映画監督&俳優が選ぶ「ゲイ映画ベスト50」

ENTERTAINMENT

キース・ヘリングの生涯を描くミュージカル、来年上映へ

LGBT

『OUT IN JAPAN』写真展がスタート。ソニン、レスリーらがオー

ENTERTAINMENT

全員ゲイのキャストが演じる、ゲイ版『セックス・アンド・ザ・シティ』のミ

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画『ブロークバック・マウンテン』風のミュージックビデオが話題

ENTERTAINMENT

『ブロークバック・マウンテン』脚本家が、新たなゲイ映画でカムバック