2017年公開予定の「バービー」実写版、新たな脚本家3名に依頼

December 20th, 2015

バービー/実写版

Photo : contently

 

ソニーピクチャーズが、2017年6月公開予定の実写版映画「バービー」を、新たに3人の脚本家に執筆依頼をしていることが分かった。

 

実写映画化に向け「セックス・アンド・ザ・シティ」製作者のジェニー・ビックスや、オスカー受賞の脚本家ディアブロ・コディの2名に脚本を依頼していたが、ソニーは仕上がりに満足しておらずボツになったそう。

 

米ヴァラエティ誌によると、今回新たに、バート・ロイヤル(「小悪魔はなぜモテる?!」)、ヒラリー・ウィンストン(TVドラマ「Happy Endings 」等)、リンジー・ビアー(「トランスフォーマー」)の3人の脚本家に、それぞれ独自の脚本執筆を依頼。その中から最終的に決定するようだ。

 

バービー人形はこれまで10本のCGアニメ映画を発表しているが、実写版映画は今回が初となる。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

エル・ファニングがトランスジェンダー役の映画『アバウト・レイ 16歳の

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画「プリシラ」、宮本亜門演出でミュージカルに!

FASHION

史上初・男の子がバービー人形の広告キャンペーンに登場

ENTERTAINMENT

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイがファッションサイトの女社長に!

LGBT

【動画】息子の為に、リトルマーメイド人形を買ってあげたパパ

LGBT

キャットウーマン、バイセクシャルとカミングアウト