LGBT映画『キャロル』、同性愛禁止のロシアで公開へ

December 20th, 2015

キャロル/スライド用

© NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014 ALL RIGHTS RESERVED

 

女性同士の愛を描く映画『キャロル』が、同性愛が禁止されているロシアでの公開が決定した。

 

『キャロル』は、オスカー女優ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが共演する珠玉のラブストーリー。

11月に全米公開され大きな反響を呼び、来年度のアカデミー賞最有力候補として注目されている。

関連記事 >> オスカー女優ケイト・ブランシェットがバイセクシャルを演じる『キャロル』日本公開へ

 

そんな話題作『キャロル』が、「同性愛宣伝禁止法」を制定するロシアでの公開が決定した。

ロシアでは、同性愛に関する全ての言論、放送、宣伝、企業活動が法律により禁止されている。最近では、アップルのLGBT関連の絵文字までもが規制されたほどだ。

 

『キャロル』の上映権を獲得したロシアの配給会社アートハウスのCEOヤン・ヴィーゼンベルグ氏は、「『キャロル』は、間違いなく今年一番のエキサイティングなラブストーリーです。これはロシアの『同性愛宣伝禁止法』に対する莫大な挑戦でもあります。同作品は米国ではR指定(17歳未満は保護者同伴が必須)ですが、ロシアではR18指定(18歳未満禁止)と、厳しく格付けされました。」

 

しかしながら、ヴィーゼンベルグ氏はロシアでの上映をポジティブにとらえている。

「ポジティブな面を挙げると、『キャロル』は右派の教養のある知識階級に売り込むことができます。」「本作は禁じられた愛の物語であり、LGBTという枠を超えた公的な方法でアピールできると信じています。」と意気込みを語っている。

 

『キャロル』は、ロシアで2016年3月に公開予定。日本では2016年2月11日に公開を予定している。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

エル・ファニングがトランスジェンダー役の映画『アバウト・レイ 16歳の

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェット主演、女性同士の愛を描く話題作『キャロル』

LGBT

アップルのLGBT絵文字を規制へ、ロシア警察が動きだす

ENTERTAINMENT

ベネチア国際映画祭、ゲイ映画がグランプリに輝く

LGBT

ロシア、ナイキのLGBTコレクションに対し販売禁止を要求

LGBT

【動画】同性愛者への差別が厳しいロシアで、男同士で手を繋いでみたら…?