独身者は動物に強制変換。カンヌを受賞した話題のブラックコメディ『ロブスター』

January 22nd, 2016

 

コリン・ファレル主演、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督による話題作『ロブスター』が、3月5日より日本公開される。

 

物語は「カップル至上主義」の狂気に満ちた世界。

独身者であることは罪であり、主人公・デヴィッド(コリン・ファレル)は、妻と別れ独り身となったことで身柄を確保されてしまう。

彼はホテルに送られ、そこで45日以内にパートナーが見つからなければ、自ら選んだ動物に姿を変えられ森に放たれてしまうのだ。

デヴィッドは、そんな狂気のホテルから逃げ出し、森の中のアウトサイダー(独身者たち)と暮らすことになるのだが

 

 

 

 

監督はギリシャ出身の鬼才ヨルゴス・ランティモス。本作では、その独特の世界観が高く評価され『第68回カンヌ国際映画祭』審査員賞を受賞している。

 

同作はコリン・ファレルの他、同じホテルで出会う仲間役にベン・ウィショー、森の独身者集団のリーダー役にレア・セドゥ、森で禁断の恋に発展する美女レイチェル・ワイズら、豪華なキャスティングも魅力だ。

 

随所にブラックユーモアが盛り込まれている本作は、シニカルで独特な世界観へと誘う。

現代の結婚・カップル至上主義に対し痛烈な皮肉を込めたブラックコメディは、是非とも見て欲しい。

 

 

『ロブスター』

2016年3月5日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公式サイト

監督:ヨルゴス・ランティモス

出演:コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー他

配給:ファインフィルムズ

©2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

 

 

コリン・ファレル主演、ギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督による話題作『ロブスター』が、3月5日より日本公開される。

 

物語は「カップル至上主義」の狂気に満ちた世界。

独身者であることは罪であり、主人公・デヴィッド(コリン・ファレル)は、妻と別れ独り身となったことで身柄を確保されてしまう。

彼はホテルに送られ、そこで45日以内にパートナーが見つからなければ、自ら選んだ動物に姿を変えられ森に放たれてしまうのだ。

デヴィッドは、そんな狂気のホテルから逃げ出し、森の中のアウトサイダー(独身者たち)と暮らすことになるのだが

 

 

 

 

監督はギリシャ出身の鬼才ヨルゴス・ランティモス。本作では、その独特の世界観が高く評価され『第68回カンヌ国際映画祭』審査員賞を受賞している。

 

同作はコリン・ファレルの他、同じホテルで出会う仲間役にベン・ウィショー、森の独身者集団のリーダー役にレア・セドゥ、森で禁断の恋に発展する美女レイチェル・ワイズら、豪華なキャスティングも魅力だ。

 

随所にブラックユーモアが盛り込まれている本作は、シニカルで独特な世界観へと誘う。

現代の結婚・カップル至上主義に対し痛烈な皮肉を込めたブラックコメディは、是非とも見て欲しい。

 

 

『ロブスター』

2016年3月5日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公式サイト

監督:ヨルゴス・ランティモス

出演:コリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー他

配給:ファインフィルムズ

©2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

3Dで精液が飛び出す、ギャスパー・ノエの衝撃作『LOVE【3D】』日本

ENTERTAINMENT

ガス・ヴァン・サントが「富士の樹海」をテーマにした話題のミステリー『追

ENTERTAINMENT

もしも恋人が同性愛に目覚めたら?話題の香港映画『ユートピア』が公開

ENTERTAINMENT

2016年アカデミー賞、LGBT映画『キャロル』『リリーのすべて』がノ

ENTERTAINMENT

同性婚で訪れた危機とは?話題のゲイ映画『人生は小説よりも奇なり』公開決

ENTERTAINMENT

カミングアウトの苦悩を描く『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビ