ギリシャにて、パートナーシップ法案が可決

December 24th, 2015

ギリシャ、パートナーシップ法が可決

 

 

12月23日、ギリシャ議会は同性カップルに男女間の結婚に準ずる法的保障を与える「シビル・パートナーシップ法案」を賛成多数で可決した。

議会の投票結果は、300議席中賛成193と圧倒的多数での可決に。

 

ギリシャでは、これまで男女のカップルのみパートナーシップ権利を認めてきたが、2013年に欧州人権裁判所から同性カップルが保障されないのは差別だと判断されたことを受け、法整備を進めてきた。

今回の法案により、同性カップルにも結婚と同等の権利が与えられたが、養子縁組を認めるかの議論は見送りとなった。

 

ギリシャのツィプラス首相は「国家にとって恥ずべき状況が終わりを告げた。今回の決定はLGBTだけでなく、ギリシャ全体の法的平等にとって偉大な瞬間だ。」と語っている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る

LGBT

Facebook今年の話題ランキング「同性婚」関連ニュースがランクイン

LGBT

2015年最も使われたハッシュタグ、『#MarriageEqualit

LGBT

同性婚に対する初の国内意識調査。「賛成」過半数

LGBT

国民投票では世界初!アイルランドで同性婚が可決

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす