ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る

January 23rd, 2016

ケイト・ブランシェットが来日

 

 

オスカー女優ケイト・ブランシェットが、2月11日公開の映画『キャロル』のプロモーションの為、6年ぶりに来日した。

 

映画『キャロル』は、女性同士の恋愛を描くLGBT映画。

ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの美しき共演に、オスカー受賞暦をもつオープンリーゲイ監督トッド・ヘインズがメガホンを取った。

同作は、本年度アカデミー賞にて主要部門を含む6部門にノミネートされており、オスカー最有力候補として注目されている。

 

関連記事 >> オスカー女優ケイト・ブランシェットがバイセクシャルを演じる『キャロル』日本公開へ

 

1月22日、『キャロル』ジャパンプレミア会場に登場したケイト・ブランシェット。会場に女優の寺島しのぶも駆けつけた。

 

ケイト・ブランシェットは、アカデミー賞ノミネートについて、「本当に素晴らしいこと。ルーニーとの2人の愛が描かれている作品で、ルーニーとダブルノミネートされたことが嬉しいです」と笑顔でコメント。

また、映画については「当時(1950年代)は、殺人や銃ではなく、(同性愛)愛が犯罪だったの。トッド・ヘインズだからこそ、こういった作品ができたと思います」

「ジェンダーの垣根を超えたロミオとジュリエット。壮大で純粋な愛が描かれています。どんな形であれ、愛は愛であることに変わりはありません」と力強く語った。

 

ケイトと同じく、映画『ヘルタースケルター』でレズビアンシーン経験のある寺島しのぶは、「これぞ映画!という作品。心を掴んで離さない演技が素晴らしかった。幅広い役を演じられる役作り・憑依の仕方など、同業者として尊敬します」「本当に夢のような美しい映画でした。2・3回と見たくなる作品です」と絶賛した。

 

映画『キャロル』は、2月11日(祝・木)より全国劇場公開される。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

「多様性に欠けた作品選考」アカデミー賞会長が改革声明を発表

ENTERTAINMENT

2016年アカデミー賞、LGBT映画『キャロル』『リリーのすべて』がノ

ENTERTAINMENT

エディ・レッドメインがトランスジェンダー役を演じる『リリーのすべて』予

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェット主演、女性同士の愛を描く話題作『キャロル』

ENTERTAINMENT

伝記映画の常識を覆す、エロティックでセンセーショナルな話題作「サンロー

ENTERTAINMENT

“今”を生きるすべての人に贈る、橋口亮輔監督7年ぶりの最新作『恋人たち