120歳まで生きられるかも?世界初・アンチエイジング薬の臨床実験が来年スタート

December 5th, 2015

アンチエイジング薬が発売か

via : nzherald

 

米国食品医薬局(FDA)が、世界初となるアンチエイジング薬の臨床試験を許可した。

臨床試験に用いられる薬「メトホルミン」は、マウスの実験によると最大で40%もの寿命延長の効果が確認されており、アンチエイジング薬として効果が期待されている。

2016年から始まる臨床試験では、70~80代のがん患者らを中心に合計3000人を対象に実施する予定。

 

老化についてを研究を行うゴードン・リスゴー教授は「私は25年もの間、老化について研究してきたが、まさかアンチエイジング薬の臨床試験ができる日が来るとは思わなかった。」と驚きを語っている。

 

今回認可されたメトホルミンには、糖尿病の予防薬として1959年より使用されている。

ところが、同薬を処方した患者が長生きしている事実が判明し、突如アンチエイジング効果が注目されたのだ。また、老化防止以外にも、がん予防やアルツハイマー予防への有効性も期待できるとのこと。

 

 

1434622297_metf

*メトホルミン

 

研究者によると、メトホルミンを使用した場合、寿命が100歳の人ならば120歳まで生きることができるようになるという。また、高齢者であれば実年齢より20歳若い健康体になれるそうだ。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

ゲイ・バイセクシャル男性は皮膚ガン発症率が高い、新研究結果

LGBT

ゲイの献血解禁を訴えるキャンペーン動画が凄い!

LOVE

毎日の射精で前立腺ガンを減少できる!?最新の研究が明らかに

LGBT

同性カップルにも『血縁関係のある子供ができる』最新の研究が明らかに

LOVE

イケメンは金持ちと同じぐらい"ワガママ"という調査結果

LIFESTYLE

日本でも増えているお洒落ヒゲ『髭植毛』の実態に迫る