ロシア、ゲイをイメージさせる魚の祭りが禁止に

January 27th, 2016

ゲイの魚?イメージ画像

 イメージ画像/Photo via : GayStarNews

 

「同性愛者宣伝禁止法」の制定されているロシアにて、またもやゲイ絡みのおかしな事件が話題になっている。

 

これは、ロシアの都市アルハンゲリスクにて、1月25日に予定されていたワカサギの一種「Gay Smelt」の収穫を祝うお祭りが、『ゲイをイメージさせる』として、ロシア当局が禁止したのだ。

 

 

giphy-2

 

 

ややジョークのようだが、実はこの祭りを企画したのはロシアのLGBT活動家たちだ。

彼らは、お祭りで「ゲイの魚」という横断幕やプラカードを掲げ(ゲイ権利をアピール)、ロシアの食生活に欠かせない「Gay Smelt」の乱獲禁止を呼びかける予定だった。

 

また、祭りと共に、イラクとシリアのイスラム国によるLGBTIの犠牲者を悼むマーチと、2度の冬のLGBTプライドの開催、計4つのイベントを同時に求めていたのだ。

ロシア各地で開催されている「Gay Smelt祭り」と、LGBT権利イベントを同時に申請することにより、迫害が厳しいLGBT関連イベントを、政府に通りやすくする狙いがあった。

 

 

それに対しロシア当局は「同性愛宣伝禁止法」をもとに却下。

 

モスクワプライドの創設者ニコライ・アルクセーエフ氏は、「我々はロシア当局を訴える。そして、欧州司法裁判所に掛け合うつもりだ」と語っている。

 

ロシアでは、「ゲイ」関連のイベント・物・サービスら全般を排除する動きがある。

つい先日、カミングアウトするだけで収監や罰金に課す法律(最終的に否決となった)が話題になったばかりだ。

 

via : GayStarNews

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

「教養の無い法案」ロシア連邦議会、新アンチゲイ法案を否決

LGBT

ロシア、アップルのLGBT絵文字を規制せず。裁判所が決定

ENTERTAINMENT

LGBT映画『キャロル』、同性愛禁止のロシアで公開へ

LOVE

【仰天】ロシア人男性、ピザと結婚

LGBT

【動画】同性愛者への差別が厳しいロシアで、男同士で手を繋いでみたら…?

LGBT

ロシア潜水艦を『ゲイの水兵』で撃沈?ユニークな防御方法が話題に