2015年最も使われたハッシュタグ、『#MarriageEquality』が第3位に

December 8th, 2015

『#MarriageEquality』

 

 

ツイッター社が、2015年に世界で最も使われたハッシュタグを発表。同性婚を求めるハッシュタグ『#MarriageEquality(結婚の平等)』が、年間第3位となった。

 

今年もっとも多く使われたハッシュタグは、今年1月&11月のパリテロ事件関連の『#JeSuisCharlie(私はシャルリ)』と『#PrayForParis(パリに祈りを)』だった。

 

第3位の『#MarriageEquality(結婚の平等)』は、今年5月のアイルランド同性婚や、6月の全米同性婚合憲の際に最も多く使われたことでランクイン。

その他の同性婚関連ハッシュタグでは、アイルランド国民投票の際の『#HomeToVote(投票のために帰郷)』や、全米同性婚の『#LoveWins(愛は勝つ)』らがある。

 

また、全米同性婚解禁された際のオバマ大統領の祝福ツイートは、2015年の人気ツイートランキング第4位となった。

 

 

 

 

その他のLGBT関連ツイッターでは、今年6月に性別適合手術を受けたケイトリン・ジェンナーのカミングアウトツイートが年間TOP10入りを果たし、ツイッターアカウント開始4時間で100万フォロワーを達成するギネス記録を打ち立てている。

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

同性婚に対する初の国内意識調査。「賛成」過半数

LGBT

【アメリカ同性婚】全世界2600万人が、フェイスブックのアイコンをレイ

LGBT

【祝!アメリカ同性婚】LGBTセレブ&著名人からのお祝い投稿一挙紹介

LGBT

【速報】アメリカ、連邦最高裁の判決により全州で同性婚を認める!

LGBT

ブルース・ジェンナー、性別変更後初の『女性として』米雑誌に登場!

LGBT

国民投票では世界初!アイルランドで同性婚が可決