「“自分で自分を生んだ”っていう感覚」ゲンキングが性別移行。女性名も公開

January 29th, 2018

タレントのゲンキング(GENKING)が、性別適合手術を受けたことをTV番組で発表。新しい女性名も公表した。

 

ゲンキングといえば、トランスジェンダー女性であることをカミングアウトし、昨年1月に性同一性障害の診断書をインスタに載せ大きな話題になっていた。

 

 

Photo via : 「僕は私を生みました。」(双葉社)

 

今回TV番組にて、昨年5月28日にタイで性別適合手術を受け、同年7月に戸籍上の性別を女性に変更。8月には本名の元輝(げんき)から沙奈(さな)に改名したことを公表した。

 

ゲンキングは番組出演後に、自身のインスタで心境を綴った。

 

「幼い頃からの偏見や言葉のイジメを思い出す暮らしの中で、自分を守る為に“ユニセックス系”と偽る事が、唯一自分を守る方法だった。そんな辛かった記憶も、幼い頃からの夢であった芸能界に入ることができ、人気が出たら全てが報われ、幸せになれると思っていた。けど、実際に幸せな気分を味わえたのは初めの3ヶ月くらい。 “性別”の悩みは消えることはなく、強くなる一方でした」

 

芸能界に入ったあともアイデンティティに悩んだ様子を赤裸々に語り、悩んだ末に所属事務所を辞め、タイで性別適合手術を受けることを決意する。

 

「本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました。そして、私は生まれ変わった。感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚」

「不思議なんだけど、目が覚めてから“元輝”の人生は自分の人生とは思えないというか、もう新しい人生が始まっていて、双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか…
幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました」「今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます」

 

 

沢山のメッセージありがとうございました。 嫌なコメントは1つも無くて、みんなの優しさが暖かく沁みました。 本当にありがとうございます。 最近は、1人1人にお返事する様に心掛けていたのですが、みんなに伝えたかったのでこの動画をUPします。 乗り越えたから今があるってこと。 辛い過去も時間が経つと、笑い話になる事もあるんだなって。 この動画は、手術の前日です。 junjunが日本から来てくれていて、とにかく不安で怖かった中、元輝に最後のメイクをしてもらい、人生を沢山振り返りました。 多分2人で一番泣きました。 じゅんこありがとう。 生まれ変わる前の私は、沢山人に迷惑もかけたし、後悔も反省も沢山あります。 だからこそ、もうそんな人生いやだ! 生まれ変われた今、 人への感謝を忘れず、毎日を大切に過ごしています。 あんなに怖がって不安だった前夜も、自分を強くしてくれたと今では感じます。 人は変われる! 始まったばかりの沙奈の人生を0から少しずつ大切な毎日を生きていこうと思います😆💕 そして動画の元輝へ この動画が出るときは私も変われてるよねー!って撮ったのが懐かしい😊 本当に色んな人生経験をありがとね❤️ 生まれ変わった沙奈は強く笑って生きてるよー😆💕

GENKING OFFICIAL🌍さん(@_genking_)がシェアした投稿 –


 

 

詳しくは、彼女の新しい自叙伝「僕は私を生みました。」(双葉社)にて語られているそうだ。気になる人はチェックしてみて。

 

RECOMMENDオススメ記事

LIFESTYLE

SNS論からNYのゲイライフまで。稲木ジョージが語る「自分らしさの磨き

ENTERTAINMENT

田亀源五郎の人気マンガ『弟の夫』が、NHKドラマに!

ENTERTAINMENT

主人公は「トランスジェンダー女性でレズビアン」。NHKドラマが来年1月

LGBT

ゲンキング、性同一性障害の診断書をインスタに公開

LGBT

ゲンキング(GENKING)、トランスジェンダーをカミングアウト

LGBT

ブラピ&アンジー、トランスジェンダーの息子ジョン君をサポート