全編iPhoneで撮影!トランス・コメディ映画『タンジェリン』監督インタビュー

January 8th, 2017

©2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

これまでのトランスジェンダー映画といえば、性別移行やセクシャリティの葛藤に焦点を当てた作品が多いと思います。

本作はトランスジェンダーのリアルをありのまま描いた、全く新しい「トランス・コメディ」を確立してくれましたね

 

そういってくれるととても嬉しいですね!

これはマイヤとキキのお陰です。

 

最初マイヤに言われたことは、「セックスワーカーとしてしか生計を立てられないトランスジェンダーコミュニティの現状を、冷たいぐらい厳しい現実的にありのまま伝えてほしいの。だけど、それと同時にめちゃめちゃ笑いたいの!」って言われたんです。

 

もちろん作品において多少のユーモアは必要だと思っていましたけど、厳しい現実とコメディ的要素の両立は非常に難しかった。

なぜかというと、僕みたいなアウトサイダーがこういうユーモアを取り入れる際にリスクを伴うからです。とてもデリケートな題材なので、当事者が観た時に「バカにしてんのか?」って思われないか。

 

 

©2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

ただ、彼女たちの日常をリサーチしているうちに、普段の会話がとてもユーモアがあって面白いんですよね。彼女たちに会いに行く時は「今日も大爆笑するな」って毎回思うんです。

 

キキとマイヤは、悲しい話でもコメディ調に話すんですよね。それを聞いていて、現実的なドラマ要素とコメディ要素の相反するものの両立こそが彼女たちのリアルなんだと感じました。

 

 

本作では、ラズミック(*注1)の隠れた性的指向のストーリーを盛り込んでいるのが印象的でした。

彼のように世間体を気にしながら二重生活をしている人は多く存在すると思います。

 

 

©2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

(*注1)本作に登場するアルメニア人のタクシー運転手のラズミックは、トランスジェンダーの娼婦たちと隠れて性的行為を行っているが、実際は妻子持ちのため二重生活をしている。

 

ラズミックはアルメニア人ですが、実際LAには大きなアルメニアコミュニティが存在しています。

特にウエストハリウッドでは、多くのアルメニア人がタクシー運転手に従事しています。

 

また、アルメニアは、トランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)がアメリカよりも非常に強く、ラズミックのような性的指向を持った人はクローゼットを強いられています。

 

また、本作に出演してくれたラズミックを含めたアルメニア人たちは本国ではとても有名なスターばかりなんです。トランスフォビアの根強い国から、トランステーマの本作に参加してくれた、このことはとても意義深いことだと思っています。

 

 

本作で伝えたメッセージとは?

 

毎回作品におけるテーマは違いますが、「普遍的なもの」を常に意識しています。

本作のように、トランス問題のシリアスなテーマをユーモアを持って伝えることで、より多くの人に届きやすくなると思っています。

 

 

©2015 TANGERINE FILMS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

 

そして人々がこの映画を観て、マイヤとキキに共感してくれたのならば、家に帰ってGoogleで調べて欲しい。

 

なぜ、彼女たちのような有色人種のトランスジェンダーが、セックスワーカーとしてしか生きられないのか?どうしたら彼女たちが生きやすい社会になるのか?を是非考えるキッカケになってほしいですね。

 

 

『タンジェリン』
2017年1月28日(土)より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
「タンジェリン」公式サイト

 

OTHER

ENTERTAINMENT

全編iPhoneで撮影!気鋭のトランスジェンダー映画『タンジェリン』が

ENTERTAINMENT

「LGBTであることを卑屈にならないで」映画『ハイヒール革命!』主演の

ENTERTAINMENT

【総集編】世界的有名な「LGBTの映画監督」まとめ

ENTERTAINMENT

英国映画協会が選ぶ『史上最高のLGBT映画ベスト30』が発表

ENTERTAINMENT

【インタビュー】アンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ』

ENTERTAINMENT

カミングアウトの苦悩を描く『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督インタビ