ガス・ケンワーシーとアダム・リッポン、アンチLGBTの副大統領へメッセージ

February 12th, 2018

開催中の平昌五輪にて、オープンリーゲイの五輪選手ガス・ケンワーシーとアダム・リッポンが、SNSで仲の良い写真を投稿。

アンチゲイな米副大統領のマイク・ペンスに向け、メッセージを送り話題になっている。

 

 

Gus Kenworthy’s Instagram

 

平昌五輪に出場中のガス・ケンワーシー選手(フリースタイルスキー)とアダム・リッポン選手(フィギュアスケート)。

二人は、アンチゲイとして知られる米副大統領のマイク・ペンスに向け、SNSでメッセージを送った。

 

二人がメッセージを送ったマイク・ペンス米副大統領とは、トランプ内閣の中でも極めてアンチLGBT派として有名な人物。ゲイ差別の合法化を目指したり、同性愛矯正セラピーに出資したりと、その活動はLGBTコミュニティから極めて批難されている。

 

そんなペンス氏が米五輪代表団の団長に指名されていることから、リッポンは「ペンスの就任を受け入れられない」と厳しく批難していた。

そんなこともあり、二人は五輪開会式でペンスに向けこうメッセージを送った。

 

 

 

 

「開会式も終わり、2018年冬季オリンピック”ゲイ”ムズが始まったよ!アメリカの為、ここ韓国にいることを信じられないほど光栄に思うし、このすばらしい彼(アダム・リッポン)と一緒にLGBTQコミュニティの代表としてここに立てることをとても誇りに思うよ。ざまあみろペンス!」

 

 

「ぼくらはここにいる。ぼくらはクィアだ。そのことに慣れるんだな」

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

【総集編】2017年カミングアウトした有名人まとめ

LOVE

リオ五輪に出場する、各国のイケメン総特集!

LOVE

ソチ五輪銀メダリストのガス・ケンワーシー、新恋人とラブラブ姿を披露

LGBT

ゲイ友に言うべきではない8つのこと。ゲイスキーヤーがアドバイス

LGBT

ソチ五輪銀メダリスト、ガス・ケンワーシーがカミングアウト

LGBT

【総集編】LGBTスポーツ選手まとめ