LINEのゲイ&レズビアン関連スタンプ、インドネシアで拒否される

February 13th, 2016

ゲイスタンプ

ゲイ&レズビアン関連スタンプ/via : スタリコ

 

人気メッセンジャーアプリ「LINEのゲイ&レズビアン関連スタンプが、インドネシアにておいて配信拒否されたことが分かった。

 

ご存知、LINEのスタンプは「公式スタンプ」の他に、クリエイターが自作したスタンプを販売できる「クリエイターズスタンプ」がある。

2014年から開始したクリエイターズスタンプは、現在までで約20万件以上が登録されており、その中には、ゲイ&レズビアンをテーマにしたスタンプが100件近く登録されている。

配信先は、アジア圏をはじめとする世界230カ国で提供されている。

 

LINEは、インドネシアにおいて2番目のシェアを持つメッセンジャーアプリ。

しかし、インドネシアにおいて、ゲイ&レズビアンテーマのスタンプが「不適切」「不快感を呼ぶ」ものだとして、インドネシア側から却下されたのだ。

これについてAFP通信の記者は「グローバルなアプリは、各国の文化及び知恵を尊重した上で、ローカライズして展開するべきでしょうね」と語っている。

 

インドネシアにおいて同性愛は違法でないが、イスラム教徒が殆どを占めている為、同性愛はタブー視される傾向がある。

 

 

また、上記イメージ写真で取り上げた各LINEスタンプは、「スタリコ」や、LINEアプリ内の「スタンプショップ」から検索して購入することができる。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

初の大規模展「美少女戦士セーラームーン展」が開催

LOVE

ゲイアプリ「ダディーハント」、ショートフィルム仕立てのキュートな動画を

LGBT

ステレオタイプの「男らしさ」を打破!Axe(アックス)のクールなCMが

FASHION

「ディーゼル」、ゲイアプリ&アダルトサイトへ広告展開に乗り出す

LGBT

ロシア、アップルのLGBT絵文字を規制せず。裁判所が決定

ENTERTAINMENT

イタリア発「ゲイ版セーラームーン」ミュージックビデオが登場