【平昌五輪】羽生結弦とハビエルの「ブロマンス」にファン熱狂

February 18th, 2018

平昌五輪のフィギュアスケート男子にて、金メダルを獲得した羽生結弦選手と銅メダルのハビエル・フェルナンデス選手の「ブロマンス」に熱い視線が注がれている。

 

 

 

 

2月17日、見事金メダルを獲得し五輪2連覇を果たした羽生選手と、銅メダルを獲得したハビエル・フェルナンデス選手。

そんな二人は熱い抱擁や親密なスキンシップを行っており、ファンやネット上では「ブロマンス」だとして大きな話題になっている。

 

「ブロマンス」とは、ブラザー(兄弟)とロマンス(恋愛)を掛け合わせた造語で、恋愛感情はない男性同士の親密な関係のことを指す。

 

例えば、ハリウッドではジョージ・クルーニー×ブラッド・ピッド、ベン・アフレック×マット・デイモンなど、日本だとサッカー選手の内田篤人×吉田麻也らが、友達以上の親密な関係を気づき、主に腐女子やゲイ達を熱狂させてきた。

 

羽生選手とハビエル選手はともにトロントの「クリケットクラブ」で練習しており、コーチも同じ。

普段から生活や練習をともにするハビエル選手は、羽生選手との関係について「妻を持つようなもの。奥さんは友人であり、全てですよね」と語っているほど…!!

そんな二人の”ロマンス”っぷりがわかる写真はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

ハビエル選手を見守る羽生選手。ライバルの試合を観戦しているというよりは、恋人を応援しているよう…。

 

 

 

宇野×羽生のカップリングも?

フィギュアスケート男子にて銀メダルを獲得した宇野昌磨選手にも注目が集まっている。

毎回、ボケボケなコメントでマスコットキャラのような宇野選手を、一番にかわいがっているのは羽生選手だ。

 

身長159cmの小柄な宇野選手を、「よしよし」と頭なでなでする羽生選手。

ツイッター上でもこの二人のブロマンス的行動に萌え死ぬファンが多数!!

 

 

 

 

 

羽生×ハビエルか、羽生×宇野か・・・うーん、悩ましい…。

このフィギュア熱はしばらく収まりそうになさそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ガス・ケンワーシーとアダム・リッポン、アンチLGBTの副大統領へメッセ

LOVE

「ゲイアプリ in リオ五輪」リオでグラインダーを一番使っていた国はど

LGBT

【リオ五輪】オープンリーゲイの競歩選手が、恋人男性にプロポーズ

LGBT

男子フィギュアスケートのハビエル・ラジャ、ゲイをカミングアウト

LOVE

ソチ五輪銀メダリストのガス・ケンワーシー、新恋人とラブラブ姿を披露

LOVE

「クリスティアーノ・ロナウドはゲイ関係にある」TV司会者が衝撃発言