“アナル舐め”が原因。ゲイ&バイの間で「A型肝炎」が流行中

February 18th, 2018

2018年に入ってから、ゲイ&バイ男性の間で「A型肝炎」が流行中として、東京都福祉保健局が注意を呼びかけている。

 

 

 

 

A型肝炎とは?

A型肝炎は、汚染された食べ物、手指などを通して口からウイルスが侵入し、肝臓で増殖することで急性肝炎を引き起こす。

潜伏期間は2~7週間ほどで、急な発熱、だるさ、食欲不振、嘔吐など、風邪に似た症状がでる。

 

非常に感染力が高いウイルスで、特効薬はなく感染したら安静にするしかない。

ただ、B型肝炎・C型肝炎と比べて、慢性化することはほぼなく、一時的な症状の場合が多い。

 

「アナル舐め」で移るリスクが高い

A型肝炎は、糞便をかいして感染する。

以前は、衛生面が整っていない発展途上国の屋台などで、糞便がついた手で調理された料理を食べると感染することが多かった。

 

しかし、最近では国内での感染が増えている。

それは、ゲイ&バイ男性たちによる「アナル舐め」が主な原因だそうだ。

アナル舐めを行うことで、口からウイルスが入り、A型肝炎に感染する危険性が高まる。

 

A型肝炎を防ぐためには??

A型肝炎を防ぐためには、トイレのあとに石鹸でしっかり手洗いをすること。(トイレ後に手を洗わない男性は多いので注意!)

 

あとは、アナル舐めも控えた方が良い。

他の性感染症に比べ、A型肝炎は非常に感染力が高いからだ。

 

また、A型肝炎にはワクチンもあるので、頻繁にセックスする人や感染リスクの高いと感じる人は、ワクチンの接種をオススメしたい。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

ゲイにとって誘惑の多い街「東京」で、安全なセックスライフを送るためには

LOVE

【特集】いまこそ「HIV/エイズ」について考えよう!

BEAUTY

オーガニックなローションから、アナルケアのクリームまで。新セックスケア

LOVE

「梅毒」の感染者が急増。44年ぶりに5000人を超える

LOVE

日本初、「アナル」の性感染症を検査・治療できるクリニックとは?

LOVE

みんなの "ケツ舐め" にまつわる失敗談