大ヒット上映中『キャロル』とLGBTを語る、シンポジウムが開催

February 24th, 2016

 

女性同士の愛を描いた話題作『キャロル』とLGBTを語るシンポジウム『六本木ヒルズ LGBT Movie Night』が、2月17日にTOHOシネマズ六本木にて開催された。

 

同イベントでは、『キャロル』上映会のほか、六本木ヒルズにオフィスを構えるゴールドマン・サックスやGoogleなど、LGBTサポートを行う企業の当事者や支援者約100名が集まり、昨今のLGBT問題についてトークディスカッションが行われた。

 

 

ディスカッションに先立ち、Googleの柴田氏さんが、「このような取り組みがきっかけとなって、どうしたら誰もが自分を偽らずに働くことが出来るようになるのか、考える機会を増やしていけばと思っています」と挨拶。

 

ゴールドマン・サックスでLGBTネットワークの支援を行っている藤田氏は、「2015年6月に同性婚を合法としたアメリカ連邦最高裁判所における判決以降、メディアから好意的に取り上げられる機会が増えた」と語り、とはいえ、「実際に理解を深めるためには身近な当事者の話を聞くことが重要」とし、「『キャロル』のような映画から学ぶことがあるのでは」とコメントした。

 

『キャロル』配給元ファントム・フィルムの長壁氏は、「2年前、キャストと監督だけが明らかになっている段階から買い付けを検討しました。脚本を読んでただただ感動し、ぜひ配給したいと思いました」と作品との運命的な出会いを語るも、「ですが、ビジネスとして配給を考えた際、女性同士のラブストーリーが日本でどのくらい受け入れられるか?」と、まだまだLGBT理解の低い日本での配給はチャレンジだったことも明らかにした。

 

先日、来日したケイト・ブランシェットも、本作を「現代版ロミオ&ジュリエット」と表現している通り、年齢やセクシャリティを超えた純粋なラブストーリーだと語っている。

 

関連記事 >> ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る

 

そんな『キャロル』だが、本年度アカデミー賞の作品賞、監督賞にノミネートされなかったことが話題になっている。(ノミネートは主演・助演のみ)

 

このことについても長壁氏は「アカデミー賞の作品賞にも、監督賞にもノミネートされていないのは、本作の監督がゲイであることを公言していることや、女性同士のラブストーリーだからだろうとアメリカでは話題になったように、まだまだ保守的な部分はあると思います。『キャロル』のように、映画として素晴らしい作品を今後も日本で公開していきたいですし、『キャロル』が少しでもボーダーを取り払うきっかけとなっていれば嬉しいです」と語った。

 

 

CA1_3079

 

 

映画『キャロル』は、1950年代のニューヨークを舞台に、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの美しく情熱的な恋愛模様が描かれている。メガホンを取ったのはオープンリーゲイ監督のトッド・ヘインズ。

 

『キャロル』は2月11日より全国劇場公開中。

 

 

女性同士の愛を描いた話題作『キャロル』とLGBTを語るシンポジウム『六本木ヒルズ LGBT Movie Night』が、2月17日にTOHOシネマズ六本木にて開催された。

 

同イベントでは、『キャロル』上映会のほか、六本木ヒルズにオフィスを構えるゴールドマン・サックスやGoogleなど、LGBTサポートを行う企業の当事者や支援者約100名が集まり、昨今のLGBT問題についてトークディスカッションが行われた。

 

 

ディスカッションに先立ち、Googleの柴田氏さんが、「このような取り組みがきっかけとなって、どうしたら誰もが自分を偽らずに働くことが出来るようになるのか、考える機会を増やしていけばと思っています」と挨拶。

 

ゴールドマン・サックスでLGBTネットワークの支援を行っている藤田氏は、「2015年6月に同性婚を合法としたアメリカ連邦最高裁判所における判決以降、メディアから好意的に取り上げられる機会が増えた」と語り、とはいえ、「実際に理解を深めるためには身近な当事者の話を聞くことが重要」とし、「『キャロル』のような映画から学ぶことがあるのでは」とコメントした。

 

『キャロル』配給元ファントム・フィルムの長壁氏は、「2年前、キャストと監督だけが明らかになっている段階から買い付けを検討しました。脚本を読んでただただ感動し、ぜひ配給したいと思いました」と作品との運命的な出会いを語るも、「ですが、ビジネスとして配給を考えた際、女性同士のラブストーリーが日本でどのくらい受け入れられるか?」と、まだまだLGBT理解の低い日本での配給はチャレンジだったことも明らかにした。

 

先日、来日したケイト・ブランシェットも、本作を「現代版ロミオ&ジュリエット」と表現している通り、年齢やセクシャリティを超えた純粋なラブストーリーだと語っている。

 

関連記事 >> ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る

 

そんな『キャロル』だが、本年度アカデミー賞の作品賞、監督賞にノミネートされなかったことが話題になっている。(ノミネートは主演・助演のみ)

 

このことについても長壁氏は「アカデミー賞の作品賞にも、監督賞にもノミネートされていないのは、本作の監督がゲイであることを公言していることや、女性同士のラブストーリーだからだろうとアメリカでは話題になったように、まだまだ保守的な部分はあると思います。『キャロル』のように、映画として素晴らしい作品を今後も日本で公開していきたいですし、『キャロル』が少しでもボーダーを取り払うきっかけとなっていれば嬉しいです」と語った。

 

 

CA1_3079

 

 

映画『キャロル』は、1950年代のニューヨークを舞台に、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの美しく情熱的な恋愛模様が描かれている。メガホンを取ったのはオープンリーゲイ監督のトッド・ヘインズ。

 

『キャロル』は2月11日より全国劇場公開中。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

2・3月公開のオススメLGBT映画4選(エディターが解説)

ENTERTAINMENT

LGBT映画『キャロル』と伊勢丹がコラボ。一夜限りの「キャロルナイト」

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る

ENTERTAINMENT

2016年アカデミー賞、LGBT映画『キャロル』『リリーのすべて』がノ

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェット主演、女性同士の愛を描く話題作『キャロル』

LGBT

映画『パレードへようこそ』LGBTシンポジウムが開催。同性婚から東京レ