ANAとJAL、同性カップルにもマイル共有可能に

February 25th, 2016

GENXY

 

 

2月24日、日本航空(ANA)と全日空(JAL)は、家族共有できる各社マイレージプログラムを、LGBTなどの同性カップルも利用できるよう変更したと発表。NHKらが報じた。

 

具体的には、渋谷区や世田谷区が発行する「同性パートナー証明書」等を提出すれば、サービス利用可能となる。

 

ANAでは、これまでも家族向けマイレージプログラム「ANAカードファミリーマイル」にて、同居を証明する住民票などがあれば、同性パートナーへのマイル共有を認めてきたとのこと。同社では、今後も自治体発行のパートナー証明書で同一に対応するとしている。

 

日本航空マイレージ事業部の西田氏はNHKの取材に対し、「家族の形が時代に応じて変わり、お客様のニーズが多様化している。われわれもそうした要望に柔軟に応えていきたい」と話している。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

パッキャオ「ゲイは死ぬべき」自身のSNSに投稿

LGBT

パナソニック、社内規定で同性婚を認める

LGBT

「LGBTを­­排除するとどんな損失が生まれる?」国連によるLGBT支

LGBT

台湾、台北市と高雄市が同性パートナーシップ制度で連携

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る

LGBT

同性パートナーも保険受取を可能にしたライフネット生命、その全貌とは?