『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』全米映画俳優組合賞(SAG)を2部門受賞

February 3rd, 2016

SAG-awards

Image Source: Getty

 

1月30日(米現地時間)、第22回全米映画俳優組合(SAG)賞受賞式が行われ、Netflixのオリジナルドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のウゾ・アドゥバがコメディ部門女優賞を受賞。また、キャスト全員がコメディ部門のアンサンブル賞を受賞した。

 

関連記事 >> 全米大ヒットドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』はもう観た?

 

全米映画俳優組合(SAG)賞は、アカデミー賞・ゴールデングローブ賞などの協会によって選出される賞ではなく、同じ俳優が「演技を評価」する賞として選出され、役者にとって最高名誉の賞といわれている。また、SAG結果はアカデミー賞に比例することから、「アカデミー賞の前哨戦」として注目を集めている。

 

 

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のクレイジーアイズ役ウゾ・アドゥバは、2年連続受賞の快挙を果たしている。

 

 

 

また、その他LGBT関連作品だと、トランスジェンダーを描いたドラマ『トランスペアレント』のジェフリー・タンバーがコメディ部門男優賞を受賞。

 

映画部門では、トランスジェンダーをテーマにした映画『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが助演女優賞に輝いている。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る

ENTERTAINMENT

レズビアン的群像劇『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』新シーズン予告編

ENTERTAINMENT

2016年アカデミー賞、LGBT映画『キャロル』『リリーのすべて』がノ

ENTERTAINMENT

エディ・レッドメインがトランスジェンダー役を演じる『リリーのすべて』予

ENTERTAINMENT

Netflixで観る、LGBTテーマのオリジナルドラマ3選