アレキサンダー・マックイーンの伝記映画を、アンドリュー・ヘイ監督が製作へ

February 4th, 2016

アレキサンダー・マックイーン

 

 

2010年に死去した伝説のファッションデザイナー「アレキサンダー・マックイーン」の伝記映画を、オープンリーゲイ監督アンドリュー・ヘイが映画化することが分かった。

 

関連記事 >> 【インタビュー】アンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ』

 

40歳の若さでこの世を去ったマックイーンは、1969年に英ロンドンで生まれる。

92年に自身の名を冠したブランドを立ち上げ、96年には弱冠27歳でジバンシィのデザイナーに抜擢。独特で前衛的なスタイルから、レディー・ガガ、デヴィッド・ボウイ、リアーナを始めとする多くのセレブに愛されている。

また、私生活ではゲイであることを公言していた。

2010年2月、マックイーンは、母親がガンで他界したショックで、数日後に自ら命を絶ったのだ。

 

 

そんな波乱に満ちたマックイーンの生涯を映画化するのは、ゲイテーマの映画『ウィークエンド(2011)』やドラマ『LOOKING』を手掛け、4月から公開する『さざなみ』が話題沸騰中のアンドリュー・ヘイ監督だ。

 

ヘイ監督もマックイーンと同じくオープンリーゲイで40代という共通項が多い為、どのような世界観で描かれるのか今から楽しみだ。

 

なお、現在のところキャストや公開日等はすべて未定となっている。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

【インタビュー】アンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ』

ENTERTAINMENT

『ウィークエンド(2011)』のアンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェット主演、女性同士の愛を描く話題作『キャロル』

ENTERTAINMENT

伝記映画の常識を覆す、エロティックでセンセーショナルな話題作「サンロー

FASHION

【総集編】ゲイのファッションデザイナーまとめ

ENTERTAINMENT

アカデミー賞「脚色賞」に輝いたグレアム・ムーア、感動の受賞スピーチが話