エイズで死去前の最後の作品も。キース・ヘリングの展覧会が開催

February 6th, 2018

オープンリーゲイの世界的アーティスト、キース・ヘリングの生誕60周年を記念した展覧会『Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート』が、2月9日(金)~11月11日(日)の期間で開催される。

 

場所は世界で唯一のキース・ヘリング作品のみを集めた美術館「中村キース・ヘリング美術館」(山梨県小淵沢)にて開催。

 

 

 

 

1978年、アメリカのペンシルバニア州で誕生したキース・ヘリング。

 

ニューヨークに渡り、当時のカウンターカルチャーに多大な影響を受け、ストリート発のアート作品を次々世に送り出した。

ニューヨークの地下鉄のサブウェイドローイングでは、チョークを使いウィットに富んだメッセージを表現。その後はポスターアートにて、反アパルトヘイト、エイズ、LGBTなど社会的なテーマにも果敢に取り組み、1990年に31歳の若さで亡くなるまで時代を駆け抜けた。

 

今回の展覧会では、新しく所蔵作品として加わる《オルターピース:キリストの生涯》が初公開される。

同作品は、死去する数週間前に完成した最後の作品だ。

 

死を目前にしたヘリングの平和への願いと希望、そして生命の力が刻まれた最後の作品。ぜひこの機会に美術館を訪れてみてはどうだろうか。

 

「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」
場所:中村キース・ヘリング美術館
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
期間:2018年2月9日(金)― 11月11日(日)
詳しくはこちら:http://www.nakamura-haring.com/exhibition/

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

【特集】いまこそ「HIV/エイズ」について考えよう!

LGBT

キース・ヘリング生誕60年記念コラム|第1回「キース・ヘリングの生涯」

ENTERTAINMENT

「ヌード」展が日本初上陸!ヌードの傑作約130点が集結

LOVE

新しいHIV予防法「PrEP」、ドキュメンタリーが無料公開中

ENTERTAINMENT

"LGBTブーム" 以前のゲイアートの傑作を集めた展覧会『G』が開催

ENTERTAINMENT

SATCで知られる「パトリシア・フィールド」の特別展、キース・ヘリング