「LGBTを­­排除するとどんな損失が生まれる?」国連によるLGBT支援動画が公開

February 6th, 2016

国連のLGBT動画をザカリーがナレーション

 

 

「LGBTの人々を社会から­­排除するとどんな損失が生まれる?」

国連が、世界のLGBTらを保護する支援動画を公開し話題を呼んでいる。

 

『Free & Equal:排除の代償』と名付けられた動画では、世界中のLGBTに起こる、貧困、ホームレス、うつ、自殺の割合を分かりやすく紹介。

動画では、ホモフォビア(同性愛嫌悪)やトランスフォビア(トランスジェンダー嫌悪)をなくすことで、多様性に富み繁栄した世界築くことができると訴えている。

 

また、ナレーションはオープンリーゲイ俳優のザカリー・クイントが担当。日本語字幕が付いているのでチェックしてみて。

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

リリー・ローズ、「セクシャリティを決めつけないでほしい」

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る

LGBT

コカ・コーラ、LGBT若年層のいじめ防止をテーマにしたキャンペーン動画

LGBT

【総集編】世界的有名なゲイカップル&レズビアンカップルまとめ

ENTERTAINMENT

ザカリー・クイント&マイルズ・マクミラン、同性婚へ秒読みか!?

LOVE

ジェームズ・フランコ × ザカリー・クイントの熱~いキス