大阪市「同性パートナーシップ制度」検討へ。市長が公言

March 1st, 2018

大阪市にて、「同性パートナーシップ制度」の導入を検討すると、大阪市の吉村市長が公言した。

もし導入すれば、政令指定都市としては全国2例目となる。

 

 

 

 

「同性パートナーシップ制度」とは、同性カップルを婚姻と同じであると認め、公的書類を交付する制度。

現在、全国6つの自治体(渋谷区、世田谷区、伊賀市、宝塚市、那覇市、札幌市)で制度化されている。*福岡市でも既に導入を発表している。

 

吉村市長は、3月1日に行われた市議会本会議の代表質問にて、「同性のカップルが、社会全体として受け入れられるように積極的に支援していきたい」と述べ、制度導入について前向きな姿勢を見せた。

 

人口270万人の政令指定都市の大阪市が「同性パートナーシップ制度」を導入できれば、全国的に大きなインパクトを与えるに違いない。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

ストレート男性2人が「同性婚」へ。その理由とは?

LGBT

「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース

LGBT

香港、同性パートナーにも「配偶者ビザ」を認める

LGBT

大阪市、ゲイカップルを里親認定 全国初

LGBT

札幌市、同性パートナーへ証明書発行へ。政令指定都市では全国初

LGBT

現役の警察官&消防士のゲイカップルが語る。「ゲイを理由に仕事を諦めてほ