裸の男達を描いた展覧会「NAKED MEN 1876〜2016」が開催

March 17th, 2016

mishima

矢頭 保「三島由紀夫—切腹」7点のシリーズ ©Gallery Naruyama

 

男達の裸体にフォーカスをあてた注目展「NAKED MEN 1876〜2016」が、東京・九段下の成山画廊にて開催される。

 

本展は、男性裸体をとらえる気鋭のアーティストたちによる合同展。

参加アーティストには、愛が剥き出しになっている状態を撮影した岡部桃、男性を裸にして撮影する野村佐紀子。ギリシャ神話を盾に官能的な少年ヌードを表したグローデン男爵、三島由紀夫の疑似切腹を撮影した伝説の写真家矢頭保。さらに、ゲイエロティックアートの巨匠長谷川サダオの美しいドローイング等、多くの作品が展示される。

 

アーティストの素顔、被写体の素顔があらわれた圧巻の作品群は必見だ。

 

 

長谷川サダオ

長谷川サダオ「無題」©Gallery Naruyama

 

◼︎出品作家

野村佐紀子、岡部桃、池島康輔、興梠優護、池田努、ダイアン・アーバス、グローデン男爵、ピエール・モリニエ、金子國義、長谷川サダオ、三島剛、矢頭保ほか

 

 

「NAKED MEN 1876〜2016」

会期:3月17日(木)〜3月29日(火)

成山画廊:東京都千代田区九段南2-2-8 松岡九段ビル205号室

営業時間:月〜火、木〜土 13時〜19時 

休廊日:水、日曜、祭日

ホームページ

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

3Dで精液が飛び出す、ギャスパー・ノエの衝撃作『LOVE【3D】』日本

FASHION

『全裸にハイヒール』米シューズブランドの広告がかなり攻めてる

ENTERTAINMENT

メッセンジャーが脱ぐ!?『ヌード × メッセンジャー』の斬新なカレンダ

ENTERTAINMENT

気鋭の写真家・中山正羅の初個展『愛に生きて』が開催