「美術手帖」がメンズ・ヌード特集。レスリーが池内博之を丸裸に!

March 17th, 2016

d10983-25-508155-1

レスリー・キー/美術出版社

 

メンズ・ヌードを特集した雑誌「美術手帖」4月号が3月17日に発売する。

巻頭グラビアでは、著名写真家レスリー・キーが、イケメン俳優池内博之のフルヌード撮り下ろしを発表!池内博之の圧巻の肉体美に酔いしれる。

 

レスリーがヌード写真を手がけるのは、2013年にわいせつ図画頒布の疑いで逮捕されて以来約3年ぶりとなる。

 

 

今回の「美術手帖」4月号は丸ごと「メンズ・ヌード」特集。

「ヌード」といえば女性のハダカを連想するが、この特集で扱うのは「メンズ・ヌード」。古今東西のあらゆるヌード表現を、性差や時代の価値観を意識しつつ、いまの視点からとらえ直そうという試みだ。

 

 

d10983-25-283098-2

野村佐紀子/美術出版社

 

誌面では、レスリー・キーの他、男性を裸にして撮影することで有名な写真家、野村佐紀子がボーイズラブを連想させる写真を提供。また、川島小鳥や森栄喜ら若手フォトグラファー、アーティストの男をテーマとした特別フォト・ジン「OSSU」が収録されていたりと見所満載!

 

さらに、ゲイアートの巨匠 田亀源五郎氏に聞く「ゲイ・エロティック・アート史」のコーナーなどもあり、ゲイ必達の雑誌になること間違いなしだ。

 

 

d10983-25-553057-4

 

 

一般誌で特集される貴重な「メンズ・ヌード」は永久保存版。是非ともチェックしてみて。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

裸の男達を描いた展覧会「NAKED MEN 1876〜2016」が開催

LGBT

写真家レスリー・キーが「クロスロード(テレ東)」に出演。LGBT撮影の

ENTERTAINMENT

アラン・カミング、最新アルバムのジャケットでヌードを披露

ENTERTAINMENT

もしも恋人が同性愛に目覚めたら?話題の香港映画『ユートピア』が公開

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」