ケイティ・ペリー、レズビアン経験を語る「女の子とはキス以上のこともしたわ」

March 21st, 2017

ケイティ・ペリーが、自身のレズビアン経験を語り話題を呼んでいる。

3月18日、ロサンゼルスにて開催された国際的なLGBT人権団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」授賞式にて、ケイティは「National Equality Award(国民の平等賞)」を受賞した。

 

 

Photo via : Hollywood Reporter

 

 

「正直な話、私はただの歌手兼ソングライターです。」受賞のスピーチでこう口を開いたケイティ。

 

「私は事実を語ると同時に、ファンタジーをポップソングにして描くこともあります。たとえば『I Kissed A Girl』ですが…。正直に言うと、私は女の子とキス以上のことをしたこともあるんです」

 

ケイティはヒット曲『I Kissed a Girl』は、タイトル通り「女の子にキスしちゃった」というもの。歌詞はこんな感じだ。

 

「女の子にキスした、とても良かったわ。チェリーのリップクリームの味がしたの。彼氏が気にしなきゃ良いんだけど、すごく悪いことに感じたけど、でもすごく正しい気持ちもするの」

 

実際の経験を基にした楽曲だそうだが、敬虔なクリスチャンの家庭で育ったケイティは、このレズビアン経験を恥じていた。「自分のレズビアンな部分が消えたらいいと祈ったものです」

 

しかし続けて、「その時分かったのは、自分が好奇心旺盛だっていうこと。自分のセクシャリティは、いま私が着ているドレスみたいに白黒ハッキリしたものじゃないってことなんです」と語り、セクシャリティは流動的であることを説明した。

 

この『I Kissed A Girl』が売れたことをキッカケに、ケイティはLGBTなどあらゆる人々に出会うチャンスに恵まれたとのこと。

 

子供の頃から教会の教えで「ゲイは恐ろしい人々」と育てられてきたケイティだったが、「彼ら・彼女らは、恐れるべき人々ではありませんでした。私が出会ったことのある誰よりも自由で強くて優しくて開放的な人々だった。彼らは私の考えを刺激してくれたし、私の心を喜びで満たしてくれたんです」と感謝を述べた。

 

以下スピーチ動画

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

ケイティ・ペリー&オーランド・ブルーム、新宿二丁目で年越し!

LGBT

映画『食べて、祈って、恋をして』の原作者、レズビアンをカミングアウト

LGBT

コルトン・ヘインズ、「LGBT可視化」に貢献したとして賞を受賞

ENTERTAINMENT

【インタビュー】レズビアンの双子姉妹「ティーガン&サラ」、楽曲からカミ

LGBT

マライア・キャリー、LGBT団体から「アライ賞」を受賞しスピーチを披露

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る