NTT、社内規定で「同性カップル」を配偶者と認める

March 26th, 2018

通信最大手「NTT」が、同性カップルも配偶者と認め、福利厚生を拡充すると発表した。NHKらが報じている。

 

画像出典:NTTコーポレートサイトより

 

3月26日、NTTでは来月から同性のパートナーも配偶者として認め、手当や休暇などの制度を大幅に拡充すると発表。

 

報道によるとNTTでは、これまでも同性のパートナーのうち1人が社員であれば、結婚の祝い金や休暇が認められていたそう。

 

今回の拡充では、単身赴任手当の支給の対象や扶養手当、さらには社宅への入居可能、同性カップルが養子をとった場合の育児休暇、パートナーや義理の親の介護休暇なども含まれており、受けられる福利厚生が大幅に広がっている。

 

グループ全体で従業員が20万人を超えるNTTの英断は、今後あらゆる国内企業に波及していきそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース

LGBT

キリン、「同性パートナー」や「トランスジェンダー従業員」の制度を新追加

LGBT

Yahoo!、社内規定で「同性カップル」を配偶者と認める

LGBT

資生堂、同性パートナーを配偶者として認める。社内規定にて

LGBT

楽天、同性パートナーを配偶者と認める。社内規定を改定へ

LGBT

パナソニック、社内規定で同性婚を認める