ロシア、ゲイ要素のある『美女と野獣』の上映禁止を要求

March 5th, 2017

 

 

ロシアにて、ディズニーの新作映画『美女と野獣』の上映禁止を求める訴えが提出されたことが分かった。AFP通信らが報じた。

 

ディズニー実写版『美女と野獣』は、ビル・コンドン監督がディズニー史上初めて「ゲイのキャラクター」を出演させることを発表していた。

 

関連記事 >> ディズニー映画『美女と野獣』、史上初のゲイキャラクターが登場へ

 

そんな”ゲイ要素のある”『美女と野獣』に対して、ロシアの下院議員ビタリー・ミロノフは、「『美女と野獣』は同性愛の宣伝にあたる。上映の全面禁止に向けた措置を講じるべきだ」と発言。

上映禁止をロシア議会に求めている。

 

ご存知のとおり、ロシアでは2013年より「同性愛宣伝禁止法」が制定されており、あらゆる同性愛行為・表現を謳うものを政府が規制してきた。

 

ミロノフ議員といえば、以前、ナイキの「LGBTプライドコレクション」の国内販売を禁じた、ホモフォビック(同性愛嫌悪)な議員として知られている。

 

『美女と野獣』は、ロシアにて3月16日に公開予定となっている。

 

OTHER

ENTERTAINMENT

ディズニー映画『美女と野獣』、史上初のゲイキャラクターが登場へ

LGBT

「アンチLGBT」のロシアで活動する、オープンリーゲイ議員とは?

LGBT

ロシア、新たな「アンチゲイ法案」が決定予定。収監や罰金など厳しい罰則も

LGBT

ロシア、ナイキのLGBTコレクションに対し販売禁止を要求

LGBT

【動画】同性愛者への差別が厳しいロシアで、男同士で手を繋いでみたら…?

LGBT

ゲイ業界のスター集結!ゲイ版『美女と野獣』が最高に面白い