「エイズは死に至る病」、過半数が誤った認識(世論調査)

March 6th, 2018

 

 

今や医療が進み、エイズウイルス(HIV)に感染してもきちんとした治療を受けていれば、健康な人とほぼ同じ寿命だ。

 

関連記事 >> HIV陽性者の平均寿命は78歳。一般とほぼ変わらない結果に

 

しかし、その認識は世間一般に知られていないことが、5月2日に内閣府が発表した世論調査で明らかになった。

調査は1月に全国の18歳以上の男女3000人を対象に実施され、1671人が回答した。

 

結果は、エイズを「死に至る病」と回答したのが52%と、過半数以上が誤った認識を持っていることがわかった。

そのほかにも、「原因不明で治療法がない」(34%)、「特定の人だけ関係のある病気」(20%)と誤った回答が続き、感染経路の質問では、「蚊を媒体に感染する」(25%)、「軽いキスで感染する」(17%)といった驚くべき誤回答も目立った。

 

この結果は、HIVの知識が一般に浸透していないことがわかる。

 

また今回は全国の男女のアンケート調査だが、ゲイの間でも間違った認識を持つ人も少なくない。

ぜひ、正しい知識をもって、HIVの予防(セーファーセックス)と、HIV陽性者への偏見がなくなることを願いたい。

 

関連記事 >> 自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

ゲイにとって誘惑の多い街「東京」で、安全なセックスライフを送るためには

LOVE

【特集】いまこそ「HIV/エイズ」について考えよう!

LOVE

新HIV予防法「PrEP」とは?日本一分かりやすく解説

LOVE

HIV完治する日は近い?HIVを駆除する「新抗体」開発に成功

LOVE

HIV陽性者の自殺率は一般の2倍(調査結果)

LOVE

HIV/エイズ、新しい感染者は1440人。感染者数は10年横ばい