黒木瞳の初監督作『嫌な女』、吉田羊&木村佳乃がW主演に

March 9th, 2016

嫌な女

(C)2016「嫌な女」製作委員会

 

女優・黒木瞳が映画監督に初挑戦する話題作『嫌な女』が、6月25日より劇場公開が決定。いま人気絶頂の女優・吉田羊&木村佳乃がW主演を務めることがわかった。

 

『嫌な女』は、桂望実の同名ベストセラー小説の実写映画。

人と打ち解けられない真面目一徹の弁護士・石田徹子(吉田羊)と、派手好きで社交的な天才詐欺師・小谷夏子(木村佳乃)という、対照的な女性2人の人生をコミカルかつ情感豊かに描いたヒューマンドラマ。

 

 

嫌な女2

(C)2016「嫌な女」製作委員会

 

また、その他のキャストに佐々木希、中村蒼、田中麗奈、ラサール石井といった豪華俳優陣も発表。さらに、主題歌には竹内まりやの「いのちの歌」が起用されることも決定した。

 

監督を務める黒木瞳は、本作の意気込みをこう語る。

「ずっと映画作品に出演させていただいている私が、監督をしようと決めたのはいうまでもない。『嫌な女』という小説に出会ったから」

「演者とは全く違う景色が、私をどう衝き動かすのか楽しみにしているのと同時に、これから訪れる私の未知なる日々が、スタッフ出演者にとっては最高の日々になるようにと、今はそれだけを願っている」と語っている。

 

『嫌な女』は、6月25日より全国劇場公開される。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

カンヌ受賞のオープンリーゲイ監督、アピチャッポン最新作『光りの墓』

FASHION

アナ・ウィンター主催「メットガラ」のドキュメンタリー映画が公開

ENTERTAINMENT

【インタビュー】アンドリュー・ヘイ監督最新作『さざなみ』

ENTERTAINMENT

三浦春馬がドラァグクイーンに!名作ミュージカル『キンキーブーツ』上演へ

ENTERTAINMENT

人気ブランド「マリメッコ」を生み出した女性に迫る!映画『ファブリックの

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画「プリシラ」、宮本亜門演出でミュージカルに!