史上 ”最悪” なLGBT映画10選

April 11th, 2016

史上最低なLGBT映画

 

 

ジェンクシーにて、「史上最高のLGBT映画30選」や、「ゲイ映画ベスト50」なる、多くのLGBT映画を取り上げているが、「最も”最悪”なLGBT映画」って何だろう??

 

そこで、米メディアGay Star Newsが選ぶ「史上最悪なLGBT映画TOP10」の記事を紹介したい。ランキングは独断と偏見なのであしからず。

 

 

10位「私の愛情の対象」(1998年)

 

maxresdefault-1

 

 

NYでソーシャルワーカーとして働く主人公ニーナと、ゲイの親友ジョージとの物語。ステレオタイプ的なゲイの描き方や、女性目線のGBF(ゲイ・ベスト・フレンド)的なストーリーに、多くのゲイたちに反感を買った本作。特に不自然極まりないエンディングが評価を下げているようだ。

 

 

9位「Go!Go!チアーズ」(1999年)

 

cheerleader

 

 

17歳のチアリーダー、メーガンは、ひょんなことからレズビアン疑惑をかけられる。その後「同性愛更生施設」に送られ、次第に自身に眠るセクシャリティに気付いていく。

映画「アメリカン・パイ」と似ている、青春ラブコメストーリー。多感な10代が「同性愛更生施設」に送れるというストーリーが非難を浴びた。(一部のLGBT映画ランキングでは、上位にランクインしている)

 

 

8位「Jenny’s Wedding(原題)」(2015年)

 

katherine-heigl-alexis-bledel-in-jennys-wedding

 

 

人気女優キャサリン・ハイグルが主演を務め、アレクシス・ブレデル演じる恋人と同性婚をするというラブコメディ。日本未上陸作品。ストーリーはさておき、キャサリン・ハイグルの演技が最悪だったとのこと。

 

 

7位「2番目に幸せなこと」(2000年)

 

2000_tnbt04

 

 

マドンナ主演作。マドンナ演じる主人公がゲイの親友(ルパート・エヴェレット)と酔った勢いで一晩を共にし、出来ちゃった結婚に発展するラブコメディ。当初「そんなのありえない」「不自然な展開」とした当事者からの意見が多く寄せられた作品。ちなみに、毎年最低映画に贈られる不名誉な賞「ラジー賞/最低主演女優賞」をマドンナが受賞している。

 

 

6位「Another Gay Movie: Gays Gone Wild!(原題)」(2008年)

 

another gay movie

 

 

春休み中、「どっちが多くの男と寝るか」を競争をしているゲイ達のドタバタコメディー。日本未上陸作品。あまりにも馬鹿げた映画として、笑いを通り越して呆れるゲイが多かったそう…。

 

 

5位「エース・ベンチュラ」(1994年)

 

エース・ベンチュラ

 

 

ジム・キャリー主演作。迷子のペットを探す主人公エース・ベンチュラのもとに、アメフトチームのマスコットの救出依頼がくるというコメディー映画。

カルト映画として人気はあるが、トランスフォビック(トランスジェンダー嫌悪)描写のクライマックスは最悪とのこと。

 

 

4位「ジーリ」(2003年)

 

2003_gigli_103

 

 

ベン・アフレックとジェニファー・ロペスの豪華共演作。最低映画を決める「ラジー賞」に8部門ノミネートされ、7部門受賞の快挙。翌年の「最低コメディ賞」を受賞するなど、すがすがしいほどの低評価作品。

主人公ジェニファー・ロペスは、彼女持ちのレズビアンながら、彼女を捨てベン・アフレックと恋に落ちるのだ。当事者・非当事者関係なくバッシングを受けるのも納得かも?

 

 

3位「ブルーノ」(2009年)

 

bruno_ver3

 

 

コメディアン俳優サシャ・バロン・コーエンが、ゲイのファッションリポーターになりきり、世界の様々なタブーに挑むという衝撃コメディー。

「史上最低のLGBT映画」をあげる際に、「ブルーノ」は確実にランクインしているほど、最低映画の殿堂入り作品。

破天荒で下品、悪趣味極まりないブルーノの行動だが、1周回るとその痛快さが癖になる。

 

 

2位「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」(2007年)

 

maxresdefault

 

 

親友同士の消防士が、年金の為に偽装結婚をしたことにはじまるドタバタコメディー。

アンチゲイ要素、ゲイのステレオタイプを小馬鹿にした言動が非難を受けた。最低映画賞「ラジー賞」には7部門ノミネートされている。

 

 

1位「Stonewall(原題)」(2015年)

 

218

 

 

不名誉な第1位に輝いたのは、米ゲイ解放運動のもととなった「ストーンウォールの反乱」を描いた伝記映画だ。ゲイ解放運動の起点ともなった歴史的事件を扱った映画だが、「事実と違う」「実話にインスパイアされときながら、ハリウッドに壊された映画」として、LGBT当事者から猛バッシングをうけた。

 

詳しくは以前の記事「ゲイプライド発祥を描く映画に2万人がボイコット。なぜ?」をチェックしてみて。

 

OTHER

ENTERTAINMENT

米人気TV番組「ル・ポールのドラァグレース」が日本上陸!

ENTERTAINMENT

英国映画協会が選ぶ『史上最高のLGBT映画ベスト30』が発表

LOVE

ゲイ映画「名キスシーン」のマッシュアップ動画が話題に

ENTERTAINMENT

2・3月公開のオススメLGBT映画4選(エディターが解説)

ENTERTAINMENT

ゲイの映画監督&俳優が選ぶ「ゲイ映画ベスト50」

ENTERTAINMENT

名作ゲイ映画「プリシラ」、宮本亜門演出でミュージカルに!