4人に1人のゲイが、恋愛中に「性病」に感染している(調査結果)

April 13th, 2017

 

 

最新の調査によって、4人に1人のゲイが恋愛中に性病に感染していることがわかった。

これは、LGBTの健康の平等と権利を支援するための英団体「HERO」が、1,000人以上のゲイ男性を対象に行った調査で明らかとなった。

 

調査によると、23%の調査協力者が、恋愛中に性病にかかっていることが判明。恋愛中に性病に罹っている人のうち、38%がクラミジアで36%が淋病であった。

 

そして深刻なのは、14%もの人々が恋愛中にHIVに罹り、その内の44%はパートナーから感染したという。

 

また、調査協力者のおよそ半数である41%が、パートナーとのセックスの際に、「コンドームを使用していなかった」と答えたそうだ。

 

同調査結果からもわかるように、例え彼氏ができても、生でアナルセックスをすると、HIVをはじめとする様々な性感染症になる可能性がある。いかなる時もゴムは必ず付けよう。

 

Text via : PinkNews 

OTHER

LOVE

日本初、「アナル」の性感染症を検査・治療できるクリニックとは?

LOVE

HIV/エイズ、新しい感染者は1440人。感染者数は10年横ばい

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LOVE

ミレニアルズ世代の50%はエロ画像を相手に送り、33%は無断で共有して

LOVE

セックスの好きな体位、チャレンジしたいプレイとは?(調査結果)

LOVE

ゲイの10人に4人が、コンドーム無しのセックスをしている(調査結果)