ゲイの半数以上は、自分の体にコンプレックスを感じている(調査結果)

April 13th, 2017

英ゲイ雑誌Attitudeが、2017年1月に5,000人以上の読者を対象に行った「自分の体」についての調査が話題を呼んでいる。

 

なんと、調査回答者の半数以上が、「自分の体にコンプレックスを感じている」というのだ。さらに、回答者の84%は、「良い体にならなければいけないという強いプレッシャーを感じている」と答えている。

 

 

Photo via : hivplusmag

 

具体的には、「あなたは、自分の体にどれくらい満足していますか?」という質問に対し、49%が「不満足」と答え、10%が「とても不満足」と答えたという。

 

一方で23%は「満足している」答え、17%は「どちらでもない」と答えた。

そして、たった1%が「とても満足」と答えたそうだ。

 

調査によって、ゲイ男性にとって良い体になることは、恋愛面でもSNSなどのソーシャル面でも重要であるということが明らかとなった。

 

関連記事 >> ゲイアプリやインスタグラムが「醜形恐怖症」を助長している

 

Attitudeのマット・ケイン編集長は調査について、「我々は、体を通して強い快感を得ることができる一方で、調査結果のように、強いストレスを覚える可能性もある。そして、体との関係は、我々が生きている限り、切ることができない」と語っている。

 

OTHER

LIFESTYLE

ゲイアプリやインスタグラムが「醜形恐怖症」を助長している

LOVE

マイクロペニスの男性が語る「小さくても良い」理由とは

LOVE

正面 × 愛とセックス vol.2 ─ 30代 ゲイ 派遣社員 ─

LGBT

オリー・アレクサンダー、体型について悩んだ過去を語る

LOVE

自分のペニスが嫌いで「切除」した男性、セックスライフを語る

LGBT

マッチョでも”まだまだ小さい…”と感じてしまう精神疾患「筋肉醜形障害」