レスリー・キー、オリンピックへ向けたショートムービーを公開。著名人300人が登場

April 28th, 2017

 

 

写真家レスリー・キーが、2020年の東京オリンピック・パラリンピック応援メッセージ企画として、自身が監督した2本のショートムービーを公開した。

 

これは、NHKが制作する『2020 レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ』の一環として行われたもので、各界で活躍する人物に「2020年の夢や目標」をボードに書いてもらい、レスリーが写真と映像を撮影するというプロジェクトだ。

ムービーには、ユーミンがスペシャルコラボレーションをしており、名曲『やさしさに包まれたなら』を楽曲提供している。

 

先日公開されたバージョン2では、ローラからスタートし、ファッションデザイナーの丸山敬太、広海深海、ミラカルひかる、林真理子、八代亜紀らが登場する。

 

 

バージョン1

 

 

 

バージョン2

 

 

 

同プロジェクトのテーマとして「夢」「奇跡」「メッセージ」の3つを掲げているほか、裏テーマを『ダイバーシティ』としているそうだ。

 

レスリーといえば、LGBTカミングアウト・フォト・プロジェクト『OUT IN JAPAN』で1000人のLGBTを撮影し、自身もそうであるとカミングアウトしていた。

 

関連記事 >> 【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」

 

そんなレスリーが掲げる『ダイバーシティ』のテーマに相応しく、著名人の中には、AyaBambi、広海深海、IVAN、村主章枝、壇蜜ら、LGBTの著名人も多数参加している。

 

また、今回は著名人のほか多くの一般人もプロジェクトに参加した。

 

「著名人も一般の人も同じように撮影し、ホームページにも残る今回のようなプロジェクトは珍しいのではないか。一人あたりの撮影にかけられる時間は短いかもしれないが、その人の気持ちが写真に残り、人生の一枚になるように心を込めてシャッターを切りたい」

「道に迷うことがあったら、自分が書いた夢や目標を思い出し、ふたたび走り出すきっかけにしてもらえたら」と、レスリーは語った。

 

NHK特設サイト『レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ』

 

 

 

LESLIE KEE

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

Spotifyにて、レインボープライドを祝した「プライド」ジャンルが登

LGBT

中島美嘉、「東京レインボープライド」にてライブ出演決定!

ENTERTAINMENT

レスリーが撮影した「ミューズ」たち。パルコにて写真展を開催

ENTERTAINMENT

『OUT IN JAPAN』写真展&レスリー・キー監督作の特別上映が決

LGBT

写真家レスリー・キーが「クロスロード(テレ東)」に出演。LGBT撮影の

LGBT

【インタビュー】レスリー・キー「1000人のLGBTを撮りたい」