LGBT団体主催の「GLAADメディア賞 2016」、デミ・ロヴァート、ルビー・ローズらが受賞

April 4th, 2016

ルビー・ローズ

 

 

4月2日、米LGBT団体GLAAD(中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟)が主催する『第27回GLAADメディア賞』受賞式が、米ロサンゼルスにて開催された。

 

GLAADメディア賞は、映画、テレビ、音楽、コミックなどの各分野における、その年LGBTコミュニティに貢献した人物・作品に贈られる名誉ある賞。米LGBT業界では毎年恒例のアワードとなっている。

 

関連記事 >> 「GLAADメディア賞」ノミネート作品が発表

 

今年は、長編映画部門にて『キャロル』、ドラマシリーズ部門に『センス8』、コメディシリーズ部門にて『トランスペアレント』が受賞を果たした。

 

LGBT貢献に努めたエンタメ界の人物を讃える「ヴァンガード賞」には歌手デミ・ロヴァートが受賞。

ホモフォビア解消に貢献したオープンリーLGBTに対して授与される「ステファン・F・コルザック賞」には、女優ルビー・ローズが受賞を果たした。

 

また、特別プレゼンターとしてテイラー・スウィフトが登場し会場を沸かせた。

 

 

 

 

また、先日トランスジェンダーであることを明らかにした『マトリックス』で知られる映画監督リリー・ウォシャウスキー(改名前はアンディー・ウォシャウスキー)は、カミングアウト以来初となる公の場に登場。

ウォシャウスキーは、NetflixのTVドラマ『センス8』にて賞を受賞している。

 

受賞スピーチで「カミングアウトしたのには多くの理由がありますが、GLAADのすばらしい人たちも、そのひとつです」と語るも、アウティングすると脅迫された英Daily Mail紙に対し、「極めて繊細で丁重な人々、英Daily Mail紙よありがとう」と皮肉った。

 

 

 

 

同受賞式は米LogoTVにて、現地時間4月4日に放送される。

 

OTHER

ENTERTAINMENT

英国映画協会が選ぶ『史上最高のLGBT映画ベスト30』が発表

LGBT

「マトリックス」で知られるウォシャウスキー兄弟が、2人とも女性だとカミ

LGBT

LGBT団体が主催する「GLAADメディア賞」ノミネート作品が発表

ENTERTAINMENT

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』全米映画俳優組合賞(SAG)を2部

LGBT

女優ルビー・ローズ、恋人と婚約解消を発表

ENTERTAINMENT

Netflixで観る、LGBTテーマのオリジナルドラマ3選