オランダ、政治家が男同士で手を繋いだ写真をSNSに投稿。ホモフォビアへの抗議

April 5th, 2017

オランダにて、ストレートの政治家たちが男同士手を繋いだ写真をSNSに投稿し、大きな話題になっている。

 

 

Photo via : Lise Gregoire’s Twitter

 

英LGBTサイトPinkNewsによれば、これは、先日オランダで起こったホモフォビア事件への抗議のためとのこと。

 

先日、オランダの都市アーネムにて、10代のゲイ少年2人がホモフォビアに暴行される事件が発生。

2人はカップルで、夜帰宅途中に、ホモフォビアの集団に囲まれリンチを受ける。罵声をあび、暴行を受けた2人は重症をおい病院に搬送された。

そのショッキングなニュースは、オランダをはじめ世界中に広がった。

 

この事件を受け、ストレートの政治家が立ち上がったのだ。

 

オランダ労働党の党首で副首相のローデウェイク・アッシャー氏は、このホモフォビックな事件に声を挙げるべく、Twitterに男同士で手を繋いだ写真をアップした。

 

 

 

 

これに続き、民主66の党首アレクサンドル・ペヒトルト氏もTwitterに写真をアップ。「ゲイの人々に対して暴力はやめなさい」とツイートしている。

 

 

 

 

そんな二人の党首の流れをうけ、NYにある国連のオランダチームの男性スタッフたちは、全員が手をつなぎ歩いている写真をアップしたのだ!

 

 

 

 

さらに、オランダ警察もこのムーブメントに続いて手を繋いだ写真をアップ。

 

 

 

 

国の政治家のトップたちが自らホモフォビアに声を上げ、さらにそのムーブメントがSNSを通じてオランダ全土へ広がりを見せている。

 

オランダといえば、2001年に世界で初めて同性婚が可能となった国だ。

世界一のLGBTフレンドリー国家として有名なオランダ、流石としか言いようがない!

 

OTHER

LGBT

「僕のおじさんはゲイだから」同性婚反対デモ1万人に、1人の少年が立ち向

LGBT

英王室史上初!英ウィリアム王子がゲイ雑誌の表紙を飾る

LGBT

ストレート達が「架空のゲイカップル」を演じ、愛を訴える(画像集)

LGBT

同性愛を完璧に説明した、アイスランドの子供向け番組が話題に

LGBT

ホモフォビアに立ち向かった一人の少女が話題に

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす