イギリス人の約3人に1人は「ゲイは選んでなるもの」と考えている(調査結果)

April 8th, 2017

イギリスの世論調査会社「YouGov」が調査を行なったところ、「イギリス人の約3人に1人(31%)が、ゲイやレズビアンは選んでなるものだ」と考えていることが明らかとなった。

 

 

 

 

調査回答者の31%が「ゲイ&レズビアンは選んでなるもの」と考えている一方で、49%が「人はゲイやレズビアンとして生まれる」、17%は「わからない」、3%は「ゲイやレズビアンになるのは、育てられ方の結果だ」と回答している。

 

調査結果を年代別に分けてみると、18歳から24歳の回答者の内59%が「人はゲイやレズビアンとして生まれる」と考え、16%が「選んでなるもの」と回答。

一方で、65歳以上の回答者の内45%が「人はゲイやレズビアンとして生まれる」と考え、34%が「選んでなるもの」と回答した。

 

上記の結果から、より若い世代の方が「人はゲイやレズビアンとして生まれる」と考えている人が多いことがわかる。

 

「YouGov」が2014年に同様の調査を行なった際は、41%の回答者が「人はゲイやレズビアンとして生まれる」と回答し、37%が「選んでなるもの」と回答していた。

この3年間で数字は減少しているものの、イギリス人の約3人に1人は、ゲイ・レズビアンなどの性的指向は「選んでなるもの」と考えていることになる。

 

OTHER

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

ミレニアルズ世代の50%はエロ画像を相手に送り、33%は無断で共有して

LGBT

LGBT若者層の3人に1人が自殺未遂を経験している(調査結果)

LGBT

LGBTの職場環境、非当事者は「嫌」が35%(調査結果)

LGBT

アメリカ、65%の人々が同性愛者の家族もしくは親しい友人を知っている(

LGBT

英・若年層の約半数は "バイセクシャル" 驚きの調査結果が明らかに