LGBTフレンドリーな大学は「性的暴行被害」が少ない(調査結果)

April 8th, 2017

 

 

学術誌「ジャーナル・オブ・インターパーソナル・バイオレンス」が、「LGBTフレンドリーな大学ほど、性的暴行被害者を生みにくい」という最新の調査結果を掲載。ロイターが報じた。

 

調査論文を執筆した米ピッツバーグ大学ロバート・コルター研究員は、調査について「環境が性的暴行にどのような影響を与えるかを示す結果になった」と語る。

 

調査によると、現在アメリカの大学生のおよそ2%〜15%が性的暴行の被害に遭っているという。

 

しかし、LGBTが受け入れられているとされる大学では、そうでない大学の学生よりも、性的暴行被害に逢う学生数が27%も低いことがわかった。

 

さらに、LGBTに対する嫌がらせを見たことがないとされる大学では、学生が性的暴行被害に逢う確率が32%も低いことも明らかとなった。

 

一方で、同調査に携わった研究員たちは、「トランスジェンダーの人たちのように、あるグループに属する人たちは、他の人たちに比べて性的暴行被害に逢うリスクが高い」ことも指摘している。

調査では、5.2%のLGBTである学生が、過去に性的暴行被害にあっていることがわかっている。

 

「LGBTの人たちは性的暴行被害に遭いやすい。そのリスクを減らす解決策を見つける必要がある」とコルター研究員は述べている。

 

OTHER

LGBT

イギリス人の約3人に1人は「ゲイは選んでなるもの」と考えている(調査結

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LOVE

ミレニアルズ世代は、将来的にモノガミー(1対1の恋愛)ではなくなる?

LGBT

同性婚は健康に良い影響を与える(研究結果)

LGBT

オックスフォード英語辞典にて、「ジェンダー・フルイド」が新語として登録

ENTERTAINMENT

レディー・ガガ、レイプ被害をテーマにした最新曲『Til It Happ