LGBTIに優しい&厳しいヨーロッパの国ランキングが発表

May 13th, 2016

IGLA

 

 

LGBTIの権利獲得を目指すNGO「ILGA」のヨーロッパ支部「ILGA Europe」は、LGBTIに対して最も優しい国から厳しい国をランク付けしたRainbow Mapを10日に発表した。

ランク付けは、国の法的・政治的状況をもとに行なわれ、対象国には0%から100%のスコアが付けられた。

 

優しい国トップ10と厳しい国トップ5は以下の通りである。

 

【優しい国トップ10】

1位          マルタ共和国

2位          ベルギー

3位          イギリス

4位          デンマーク

5位          スペイン  

6位          ポルトガル

7位          フィンランド

8位          フランス

9位          クロアチア

10位        オランダ

 

【厳しい国トップ5】

1位          アゼルバイジャン

2位          ロシア

3位          アルメニア

4位          トルコ

5位          モナコ公国

 

 

ランキングをご覧になった感想はいかがだろうか?

 

80%以上をのスコアを獲得した国は、マルタ共和国、ベルギー、イギリスの上位3カ国のみである。昨年1位だったイギリスは、今年の調査において順位2つを下げ3位に留まった。

 

このことについて、ストーンウォールの国際政策役員であるキット・ドーリーは「我々の目標である誰もが受け入れられる環境の実現に向けて、言い訳をしたり自己満足に陥ったりせずに取り組んでいく必要がある」と警鐘を鳴らしている。

また、彼はイギリスが順位を落とした理由について「トランスジェンダーの人々に対する不十分な法整備や政策」を挙げた。

 

一方で、LGBTIに対して最も厳しい国は、アゼルバイジャンだ。

同国において同性愛は合法である。しかしながら、ILGA Europeによると、アゼルバイジャンではLGBTIに対するヘイトクライムが絶えず、政治家も同性婚を非難するなど、LGBTIの権利が守られているとは言えない状況のようだ。

 

OTHER

Mondo Alfa

7万人が熱狂!「東京レインボープライド 2016」が閉幕

LGBT

2022年の「ゲイのオリンピック」の開催地、香港に決定か

LGBT

Facebook今年の話題ランキング「同性婚」関連ニュースがランクイン

LIFESTYLE

『住みやすい都市ランキング 2015』にて「東京」が世界一位に

LGBT

『ゲイ幸福度指数』ランキングが発表。第1位はアイスランド。日本は果たし

LGBT

LGBTが最も多い都市ランキング、1位はサンフランシスコ